Blog

2022.09.29

会社としての給料、従業員としての給料 F1の考え方

 従業員の給料

MG(マネージメントゲーム)では

F1になります。

 

 

MGでは経費を

Fと表現します。

 

fixed costのFです。

 

 

そのFは5つに分解することができるんですよね。

 

 

F1~F5で

 

F1は人件費

 

 

F2は経費

 

 

F3は金利

 

 

F4は戦略費

 

 

F5は減価償却費

 

 

こんな風に分解することができます。

 

 

決算書を見て

経費削減!経費削減!って

 

呪文のように唱えていても

何の意味もありません。

 

 

 

決算書の中の

経費Fを

 

 

まずは

F1~F5に

振り分けてみて

 

 

自社の経費で

どの項目が多いのかを

現状把握すべきです。

 

 

 

すると

どういったことに

お金を使っているのかが

分かります。

 

 

 

その中で

本当にムダなモノは

削減すべきですし

 

 

 

逆にかけた方いい

経費に投資していなければ

投資すべきです。

 

 

 

特に

重要なFは

F1~F5で

何だと思いますか??

 

 

それは

 

 

 

 

F1F4です。

 

 

 

 

 

F1は人件費。

これを下げたい

経営者って多くないですか??

その気持ち分からないでは

ないですが・・・

 

 

それで、今回最低賃金が

大幅に上がってしまう・・・

とても大変です。

 

 

 

 

でも、よく考えてくださいネ。

会社の事業が苦しくなったからって

F1を掛けないとは

なかなか難しいんじゃないでしょうか。

 

 

 

従業員のテンションって

どうなるでしょうか??

 

 

 

 

ご想像通りですよネ。

 

 

 

 

 

テンションが下がるだけなら

まだしも、

辞めちゃうってことだってあります。

 

 

 

だからって

売上(PQ)ダウンダウンダウンダウン

粗利総額MQダウンダウンダウンダウン

しているのに

どうするんだ??って

あるかもしれませんネ。

 

 

その場合でも

まずは、F2の経費部分で

ムダなモノはないのか?

 

 

削減しても

事業に影響がないモノは

ないのか??

 

 

そこから

着手すべきでしょう。

 

 

そして、

ひとり社長自ら

身を切る覚悟じゃないけど

役員報酬等を

削減していく。

 

 

そんなことから

始めるべきで

F1に手を付けるのは

最後の最後でしょう。

 

 

削減のコトばかり

書きましたが

逆に売上ダウンダウンダウンダウンの時でも

かけるべきFは

F4の戦略費です。

 

 

F4はさらに

 

 

 

研究開発費

 

 

広告宣伝費

 

 

教育研修費

 

 

の3つに細分化することが

できます。

 

 

会社にとって

新しい商品は作成していく

必要がありますので、

そのための研究開発は

する必要あります。

 

 

 

自社の商品やサービスを

お客様に知ってもらわなければ

売上も上がりませんので

広告宣伝をする必要ありますよね。

 

 

 

従業員の新しい技術習得のため

レベルアップのために

教育研修をしなければ

同業他社に遅れをとって

しまうかもしれません。

 

 

 

この3つの経費は

金額としても

大きいので

削減対象になりがちですが

 

 

逆に将来の自社の投資として

この3つのF4には

経費を掛け続けなければ

ならないです。

 

 

 

流行り病で

事業が大変な時ではありますが

Fの分解による現状把握によって

 

 

投資すべきところと

削減すべきところの

 

見極めが重要です。

 

2022.09.26

研究開発は企業の生命線

 799/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  モスバーガー食べたいなぁ~


モスの月見

なんと販売休止。

しかも、売れ過ぎだからって。

めっちゃいいやん!!

私も食べてみたい…

僕は、モス派なんで

以前、地元のモスバーガーが無くなってしまって

残念でした。

復活しましたけどネ。



これは、モスの研究開発の賜物

企業はやっぱり

研究開発を続けていく必要があるし

やるべきだと思います。


弊社でも研究開発商品づくりに

没頭中。



昨日のMG研修でも

研究開発って大事だなぁ~って

改めて思いました。



  研究開発成功!!




研究開発企業はやはり強いですよ。



MG(マネージメントゲーム)でも

研究開発型企業は

他社と早く差をつけることができることで

圧倒的なシェアを獲得することができます。


MG(マネージメントゲーム)で

研究開発は青チップって言います。

青チップ1枚につき▲2円安く

価格をコールすることが

できます。

つまり、

青チップをたくさん並べることで

目の前に出すプライスカードよりも

安くコールすることで

価格競争に勝つことさえできます。

青チップ(研究開発チップ)を

並べた会社はやはり強い。

しかも、誰よりも早くネ。

これは、実社会でも同じこと

研究開発を常に探し

トライしている会社はやはり強い。

自社に研究開発したモノは

何もないっておっしゃる

ひとり社長もいらっしゃいますが

そんなことはありません。




そして、事業承継を

受けた後継者ひとり社長こそ

新たな研究開発を

行って自分独自の

新たな事業を始めるのは

どうでしょうか??


自社や後継者ひとり社長個人の

強みが必ずあるはず。

だって、強みがなければ

今まで事業を続けてこれなかったでしょう

それを続けてこられたのは

強みが必ずあるからです。

一度立ち止まり

自社やひとり社長の

強みを考えて探してみましょう。

過去にその答えがあることが多く


必ずあるはずです。

それを見つけることができれば

青チップとして

他社との差別化をすることもできますし

価格競争に巻き込まれない可能性だって

あります。


時間を作ってでも

強みの発見は必要です。

研究開発が必要なのは製造業や

クリエイティブな発想する企業ばかりでは

ありません。



これからは

中小零細企業だって、個人事業主だって

必要です。



だって、あなたと同じような事業を

している会社や個人って周りにどれだけいますか?

価格競争に巻き込まれないためにも

研究開発は必要だからです。

今回の小学生の行動は

ひとり社長にはめちゃくちゃ参考になると思います。

着眼点がネ。


それでは、また明日。

それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.09.25

MG研修で広がる自分

 経営者に最も必要で

大切な能力

 

 

意思決定能力




環境適応能力

 

 

 

の2つです。




意思決定能力

 

経営者の最も大切な仕事は

決めることです。

 

限られた状況の中で

色々な選択(会社の強み等を活かす)をすること。

決めるコトとは捨てるコトです。



リーダーに必要なのは

全ての意思決定への

覚悟だと思います。

 


 

時には

大きな責任を負わなければ

いけない時だって

逃げちゃいけないんですよ。

 

 

ひとり社長の意思決定が

会社の全てを決めてしまします。

 


 

どのタイミングで

投資をするのか?

 


どのタイミングで

採用するのか?


 

どうやって稼ぐのか?

 

 

その意思決定で

方向性が決まりますよね。

 

 

だから、普段から

意思決定の練習をしていないと

間違った意思決定をしてしまう

可能性があります。

 

 

 

また、経営者には

環境適用能力は必要です。

 

 

目まぐるしく変化するなかで

その環境の変化に

どのように対応していくのか?



 

ひとり社長には

この嗅覚が必要です。

 


 

この嗅覚が鈍いと

変化に対応することが

できずに変化の渦に飲み込まれてしまいます。

 


 

 

これらのひとり社長に必要な

意思決定と環境適用能力を

学べるのがMG(マネージメントゲーム)です。


 

 

意思決定カードを

何度も何度も引いて

数々の意思決定をしていきます。

 


 

そのことがどんな結果を

生み出すか、全て自分の責任です。

言い訳ができません。


 

 

その意思決定がどんな影響を

及ぼすのか、全ては自分なんですよね。

 

 

これは、日々の経営と同じで

様々な意思決定の責任は

ひとり社長にあります。

誰かの責任ではありません。

 

 


 

また、MGでも

リスクカード等で

日々刻々と変化する市場での

変化にすぐに対応することができなければ

生き残ることは難しいでしょう。

 


 

 

これも、日々の業務の中で

変化や、今回の流行り病で

大きな社会の変化にも

対応できなければ

生き残っていくことは

難しいでしょう

 


 

 

リアルでの状況も

シミュレーションとして

MGでは学ぶことができます。




今日もいい学びとなりました。

やはり継続してこそ

気づくこともたくさんありますし



続けなければ

分からないこともたくさんあります。

2022.09.23

強みを活かすんだよ。

 796/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  諦めるな!!

森脇健児おもろいけどなぁ~

確かに自分が10代の後半には

テレビで観ない日はなかったよな。

いつの間にかテレビから観なくなって

それでも諦めることなく

這い上がってくるその努力は凄かったと思う。


並大抵の努力と諦めない気持ちが

そうさせたんじゃないかと思う。

(自分が悪かったところもあると思いますが…)



それでも諦めることなく

自分ができること=『強み』を

活かし続けてきた結果ではないかと思う。


ひとり社長も

自分の強みを活かしていきましょう。








  やっぱり強みだ!!




これからの生き方として

強み

をどう活かしていくのか?

ひとり社長は

自分の強みをご存知ですか??

自分を知るというコトは

自分の進むべき道を

ハッキリさせることに

ツナガりますし

才能を十二分に発揮することにも

なります。

だからこそ、

まずはひとり社長が

自分の強みを知るということが

大切。

そして、

従業員一人一人の

強みを知ることも大切。

その従業員の本来持っている

才能が何なのか??



それを知っていれば

本来、営業に向いている

強みを持っているのにも関わらず

事務をしていたり



あるいはその逆で

事務をするのに向いている

強みを持っているにもかかわらず

営業をしていたりと

そんなコトだって

あり得ます。

それでは

会社全体として

強みを活かしていない状態ですし

能力を発揮していない状態です

これは

損失でしかありえません

会社は人の集まり

そこで働く個々の従業員の

強みを知っておくことで

会社全体の流れを良くすることに

ツナガります。

会社内で

どうも流れが悪いという場合

何かしら必ず原因があります。

その原因として

従業員の強みを

活かしきれていないために

会社内流れが滞っていることだって

あり得ます。

ひとり社長の

会社はどうですか??

是非、ご自身の強みを

発見してみてください。



強み診断無料受付中

お申し込みはこちらから

(外部ホームにとびます)





それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.09.22

価格ってどうやって決めていますか??

 795/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  泊まってみた~い。



1泊100万円!!

宿泊客からは『安すぎる』って言われてしまうんだとか。

記事にはこんなことが書いてありました。

”入場体験などを通して「街全体で歓待してくれている」という実感や、

普段は身近に感じることがない文化財の中で寝食することへの感動などが、

特に宿泊客に評価されているという。”

どれだけの付加価値を提供することができるか?

これからの値付けのキーワードになってくると思う。

今までも”付加価値”って言われてきたけれど

つまり、独自の『強み』を

全面的に出すことによって

それが”付加価値”となるので、値段なんて

いくらだっていいし、周りと比較する必要なんて必要ないんですよね~

ラグジュアリー戦略で

認知度-普及度

この方程式の差が広げることで

価格を上げていくことが容易になります。

お城に泊まることができるということで

認知度が上がっていき、

でも1か所しかないから

このお城でしか止まることができないから

普及度は下がっていく。

差が大きくなればなるほど

価格を上げたところで

富裕層がきっとよろこんで

泊まってくれる。


これは、ひとり社長も

参考にすべきです。



値上げに困っているのなら

自社の製品の売り方、見せ方を

変える必要があるのではないかと思います。



  価格って何??

そもそも

世間の価格設定に対する常識を

疑う必要ってあるんじゃないかと思います。



ひとり社長は、

趣味でコレクションしているモノって

ありますか??


アイドルグッズだったり

ミニチュアだったり

映画の小道具だったり



これかって

収集することが趣味だから

いらない人にとっては

無価値のモノでも

欲しい人にとって

いくらでも購入するはず。(上限はあるでしょうが・・・)





そもそも価格って

何なんでしょうか???




ひとり社長は考えたことありますか??


そもそも価格とは



価格は『価値』に従う

価格を考えるときに

価格ばかりに気を取られるのではなくて

価値を考えてみる。ということが

必要です。



もし、同じ価格ものモノがあったとして

それを選択する時の基準って

きっと性能が良いモノを選ぶはずです。

逆に同じ性能だったら

値段が安い方を選びますよね??

だから、値付けをする時は

価値を常に考える。



目の前にいるお客様の価値って

いったいなんだろうかって

考えて値付けをする。




そういったことが

大切になってきます。





だから、恐れずに言うと

お客様で値段を変えてもいいんじゃないか??


例え原価が安くても、

お客様にとって十分な価値があるのなら

値段を⇧上げてもいいんじゃないないでしょうか。



つまり、

顧客の価値から価格を考える!!

言い方を変えると

マーケットを見ずに人をみる。



ということに

なります。



売上を生み出すのは『お客様』=『人』



『価格』とは、

お客様の「買う」という行動に深く関与




『価格』も『お客様』をみる。

顧客視点から考えるべき。




だと思っています。

だから、勇気をもって

価格上げられる価値を

提供していきましょう。



それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.09.21

やっぱり欲しくなる。アレ。

 794/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  補助金は○○のようです。

なんやら延長されたようですね。

市役所に行ってもこのマイナポイントを欲しいので

マイナンバーカードを作る方が

行列を作っていました。

個人情報を差し出すことで最大20,000円の

ポイントがもらえるそうです。

私は5年前に作っていて

更新の連絡が来たので、更新をしに行った時に

職員の方からご紹介いただきました。

このような補助金や助成金のように

お金やポイントがもらえるってなると

人はどうしても欲しくなってしまうんですよね。



そう、私も補助金の申請サポートをさせてもらっていますが

でも、本当はこう言いたい!!




補助金やめませんか??

だって・・・○○のようなモノですからネ。



○○というのは、

麻薬のようなモノです。

一度手を出すと

なかなか手を引くことが難しくなってしまいます

だって、おいしいですからネ~

今年も補助金たくさん出てきました。

特に、今年は『事業再構築補助金』を

鼻息荒く、クライアントに紹介している

士業もいますね。

FB広告や、Google広告でも

テンプレートを販売している方いますね。

たしか40万くらいしていました。

鼻息荒いですね~。びっくりびっくりびっくり

採択されたら

40万円は安いかもしれせんが

なかなか自分一人で作るのは

難しいんじゃないでしょうか??

補助金は、一度手を出すと

次、何かないかと

ついつい、探してしまいます。

麻薬ですからネ~

それでも、補助金やりますか?




  補助金オススメです。





とは、いいつつ

実はそれでも補助金を進めます。

麻薬のようなモノとはいえ

補助金をおススメします。

それはなぜか??

1.かかる経費を

少なくすることができる

事業経費の1/2や1/3で設備投資したり

内装工事等をすることができます。

それだけ経費を下げることができることは

事業にプラスに働きます。

2.決算書の赤字が

黒字になることも

決算書(損益計算書)

営業外収益となるので

G(経常利益)が赤字であっても

補助金の額にもよりますが

黒字化する可能性もありますので、

銀行等に提出する心象が良くなる可能性あります

3.事業遂行や実務能力も高いと

金融機関から評価されます。

それと、補助金は、事業計画を作成する場合が

ほとんどですので、採択されるということは

第三者である採択者が

事業自体もそうですが、実務能力も高いと

示すことになります。。

これは、自社の強みの一つになりますので

金融機関からも評価や資金調達の段階で

プラスになる可能性が高いです。

これら3つの理由で

補助金を強くおススメしています。

昔は、知る人ぞ知るモノが補助金でしたが

昨年の流行り病のおかげで

みんなが知るようになりました。

なので、猫も杓子も申請するので

現場は混乱していますよ。

ただ、なぜその事業をする必要があるのか?

その事業をすることで

自社がどれほど売上や利益が向上するのか?

または、生産性が向上するのか?

そういったことを考えたうえで

タイミング良く

補助金を利用するのは、大変メリットが

大きいです

事業に対する向かい方や

その事業に対する想いを

しっかりと伝えることで、

採択の可能性は高まります。

補助金はある意味チャンスです。

ぜひ、補助金を利用した

新事業に取り組んでみては

いかがでしょうか??

それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.09.20

自分のことは自分でする。当たり前のことだけど

 793/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  まだ言ってるの??


ホンマに言っているのか??

正気か!!


一体世の中どうなっているのか??

正確に正しい情報を提供してくれる専門家はいないのか??

何のどこを見て第8波なんていっているのか??

全く分からなくなってて

誰を信用したらいいのか??

やっぱり必要なデータは

自分で取りに行く。

つまり、自分のことは自分でする。

受け身でいたら

いつまで経っても今の状況から抜け出すことは

できないし、完全に洗脳されてしまう。

情報は正確に正しいモノを手に入れる必要があるけれど

受け身の情報ではなくて

自分で取りに行く努力が絶対に必要。


これは、MGでいう

『紙は自分で』というのと

同じだと私は思います。


  自分のことは自分で


弊社でも事業の一つとさせてもらっています

MG研修ですが、そのMG(マネージメントゲーム)での思想で

とても大切なことが3つあります。


①教えない

②教えあう

③紙は自分で


これは

MG(マネージメントゲーム)を受けることで

覚えておくべき

重要な思想です。

これを知らないのは

モグリです。間違いなく。

①教えない

MGでの勝ち方なんでいうのは

教えません。

あくまでも自主性を重んじるためには

自分で気づくことが大切。

誰かに教えてもらったことは

自分の中に何も残りません

自分で気づいたことは

蓄積されて

社業であったり、」自分の生活に

活かすことができます。

教えてはダメなんです。

②教えあう

教えることで覚えます。

誰かに伝えることは

伝え方もあります。

教えるにも

技術あって

その技術がなければ

伝わりません。

知っていることは

教えあいましょう。



③紙は自分で

これも自分のことは

自分でする。

人の指示されているような

人は、伸びることはないでしょう

自分のことは自分でする。

自分で考え自分で行動する人間こそが

先の見えない時代に生き残っていけるでしょう。

この3つの思想

①教えない

②教えあう

③紙は自分で

これらの思想は

MGで体験してみてください。





今回の流行り病の情報は

『③紙は自分で』の精神で

自分で積極的に得る努力が必要です。


マスコミが言っていることが

全て正しいというのではなくて

ちょっとナナメからその情報を眺めてみる。


そして自分が調べたことと

どれだけ合っているのか

答え合わせをしてみる。



そんな風にするくらいで

丁度いいのではないでしょうか??




経営においても

色んな情報が錯綜しています。





但し情報を元に経営者として

大切な意思決定をしていきましょう。


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.09.19

情報は正確にGET

 792/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  台風14号



猛烈な台風が日本を縦断していますネ。

皆様のところは被害はないでしょうか???

台風に関する情報をしっかりと

手に入れて、適切な行動が大事になってきますネ。

あだしあだしい

私の家の近くの川(宮川)もかなりの

水量となっていて

注意が必要ですネ


私が住んでいるところも
停電もしていたようで



Twitterや市町村のHP

の情報を把握して

正しい行動をしていきましょう。


  情報は自ら取りに行く。





情報は受け身ではなくて

自分から取りに行く。

これは基本です。


テレビや

youtubeでの情報が

本当に正しいのか

自分でしっかりと調べる必要ありますネ。




これって

経営でも同じことで
何となく感覚で

経営をしていては

正しい意思決定はできません。

自社の売上の30%を構成してる

お客様がすぐに分かりますか??

なんとなく

”あの会社”??って

言っていては、間違った意思決定を

してしまう可能性もあります。

そこは、しっかりとしたデータで

自社の売上でどこがお得意様なのか

そうでないのか

それを確実に

把握する必要があります。

そのために

必要なことは

データの蓄積が必要です。

そのデータを自社にとって

必要な時に必要なだけ

取り出すことができるように

しておく必要があります。

弊社も毎月の売上を

1行1データで

分析できるように蓄積しております。

ひとり社長も

データ分析できるように

する必要あります。


自社で分析できるように

なることで、正しい意思決定が

可能となります。

是非、やってみてください。

それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.09.18

経営者の相談相手

 789/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  相談相手欲しいですか??

経営者・自営業者の3分の1は

相談相手がいない らしい・・・

そんな記事を見つけました。

その記事によると

顧問税理士がいれば

相談相手になる場合も多く

それでも、14%

税理士の次に多いのが

家族だそうです。



そして、
経営者・自営業者の24.7%が

「何でも相談できる外部パートナーがいれば

ぜひ相談したい(自身の右腕的存在が欲しい)」

全体の27.9%が

「すぐに相談したいことはないが、

何か解決できないことが出てきたら相談したい」らしく


それぞれ合計すると
経営者・自営業者の52.7%が

何でも相談できる外部パートナーを欲しているそうです。

これらのデータからすると

現状およそ3分の1の経営者・自営業者が

相談相手がおらず、半数以上の経営者・自営業者が

自身の右腕となるような外部パートナーの

存在を必要としていますネ



ひとり社長も自身の右腕となるような

外部パートナーっていますか??

私自身も外部パートナー欲しいような・・・




ただ、自分の場合は

自分でアレコレ決めてしまうので

相談する前に色々とやってしまいそうな・・・

(悪いクセですが・・・)




でも、右腕になってくれる

相談相手がいれば

いいなぁ~って思います。





  ひとり社長コンサルティング



自分もいろんな相談ができる

右腕が欲しいって思います。

私ごときが欲しいって

思うってことは、

世の中のひとり社長もきっと欲しいはず!!

ということで

弊社のひとり社長のサポートとして

こんなメニューを考えてみました。



①ひとり社長コンサルティング

対象>売上5億以下の30~50代のひとり社長



日々ひとりで最終的な意思決定をしていると思います。

事業について深く相談できる相手がいるような、いないような

そして、その意思決定が正しいのか、正しくないのか?

迷っているひとり社長も多いはず。

もし、自分が迷いながら意思決定していて

気づかないうちに、思っていた方向と違う方向へ

進んでしまっていたとしたら・・・

直ぐに気が付けば取り戻せますが

そうでなかった時には、取り返しがつきません。


また、自分の事業のことを深く他人に話す機会って

どれだけお持ちでしょうか??

私は日々様々経営者の方々にお会いしますが

よく耳にするのが、事業のことを話す機会って

あまりなく、上辺だけの話になることが

多いってお聞きすることが多く


私から、過去のことや

今現在のこと

そして、将来のことについてお聞きすると

話ながら自分の中で整理できてスッキリした

おっしゃる方も多いです。


つまり、自分の頭の中で考えていることを

アウトプットする場面も少ないのが

現状です。


そこで、今回弊社が

ひとり社長に提供するコンテンツとして

以下のことを提供し、

ひとり社長の事業発展のために

右腕となり全力で伴走していきます。

<内容>1年契約

毎月1回のコンサルティング

事業計画書作成サポート

未来の意思決定へのサポート

顧客及び事業の交通整理

補助金申請サポート

MG/TOC(5期分参加可能)

私が持っているモノで

全力でサポートさせていただきますので

本年は5社限定でスタートさせていただきます。



なぜ5社か。何社でもお申込みいただければ

有難いのですが、それでは力が分散してしまうと

思われますので、毎月5社までならサポートすることができると

考えたからです。

詳しいお問い合わせは

下記フォームからお申込みください。

コンテンツの詳しい内容につきましては

一度zoomによる無料相談をさせていただきます。

それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.09.17

自分を活かすには、強みを知ること。

 788/1095

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  先を読む力



やっぱスゲーなぁ~

NFTという次の時代のキーワードになりそうなことに

すでに着手している。

正直、時代の一歩も二歩も前に

進んでいる感じがしますネ。

この方は自分の得意なコトを

前面に出すことで

最大の能力を発揮し

世の中の役に立つことができるんだと

思うんですよネ~



人はやっぱり

『強み』を活かした仕事をすべきでし

『強み』を活かした経営を目指すべき。



それが、正直楽な生き方であって

自分の能力を最大限活かせる唯一の方法だと

思います。


  強みは才能



では、

そもそも、『強み』って何だと思いますか?

強みとは

『当たり前のこと』

当たり前のように、当然のように

息を吸うように行えること。

強みを活かす=当たり前を伸ばす

これを見失っている人がとても多いです。

決して、強みを活かそうとして、歯を食いしばって頑張ろうとするものではありません。

ドラッカーはこう言っています。

「ほとんどの人は、自分が何が得意かを知っていると思っている。しかし、たいていは間違っている。それでもなお人は強みによってのみ何かを成し遂げることができる。」

コロナ禍で、この先どうなっていくのか?正解は何なのか?

分からなくなってきました。

つまり、外に答えはないということです。

では、どこにあるのか?

あるのは、

自分の内側です。


自分の内側にある強みにこそ

この先を生きていく上でのカギが隠されています。

だからこそ、自分の強みを理解し、

活かしていくことこそがアフターコロナの時代を歩んでいけるのだと思います。

そして、強みには方程式があり

才能×投資=強み

です。

才能とは

ご自身が持っている

素晴らしい武器、ツール

つまり

『道具』です。

この才能

持っているだけでは意味がない。

どう使っていくのか?

使って初めて意味がある。

ポケットに閉まっていても仕方ない。

誰にでも必ず才能(能力)持っている。

その才能を活かして、使っていくのか

これが大切です。

ある人が才能がめちゃくちゃあり、9あるとします。ですが、投資を怠り1だとすると

強みは1×9で9です。

逆に才能が1で投資が9であっても、強みは9となります。

この方程式で一番強みが最大化するのは

才能 5

投資 5


5×5=25 

これがこの方程式によると強みが最大化します。

ちなみに、ストレングスファインダーで出た結果は『才能』・資質です。

ちなみに、私の資質上位5位は

①達成欲

②最上志向

③目標志向

④社交性

⑤学習欲

この5つの資質を自分の目標・ゴールに向かうために、当たり前に空気を吸うように強みとして

活かしていくことこそが、自分の一つに方向性になります。

資質はピアノの鍵盤と同じ。

それぞれの鍵盤を組み合わせ、どう奏でていくのか。資質を活かして、どんな演奏をするのか

それがとても大切であるといえます。

経営者であれば、まずは自分自身を知るために、自分の強みを知りることから始めましょう。

経営者は従業員のことを知りたがりますが、まずは自分のことですよ。

自分が一体どうなのか?

それを知って理解することがまずは第一歩。

経営者が自分を知れば

逆に従業員の強みを知り、

伸ばして上げれることが可能となり

適正な業務配置も可能であるし、

会社のチームとして従業員を最大限活かしてあげることができます。

普段どうしても、強みではなく、

弱みに着目しがち。

できないことを指摘して、それを改善しようとしがちです。

これは、弱みを克服すれば、強みになるんじゃないかとの盲信です。

弱みを克服しても、決して強みになりません。

強みは先ほどの方程式

才能×投資=強み

です。

強みと弱みは同軸になく

別軸のモノであることも気づく必要があります。

そもそも、

『どのように生きたいのか?』

『どうなりたいのか?』

という目標・ゴールに向けて

自分の強みを活かしていくための

『才能』道具を知る。

この才能をお互い知って、活かし活かしあうことで組織が活性化していくことでしょう。

今こそ、自分の才能を知り、強みを活かしていきましょう。

それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

お問い合わせ

Tel.0596-72-8089

営業時間 09:00 - 18:00 定休日:土日祝日