Blog

2022.01.24

経営者は、下りエスカレーターを上っていますよネ。

 554/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


どうなっているのか?どうなるのか?


世の中がますます混乱していく感じがするのは

私だけでしょうか??

いったい何が正しくて

何が間違っているのか??

世間の肌感覚と行政とのズレ。




どうなってしまうのか??

誰にも分からないけれど

ひとり社長は、この状況でも

会社を前に進めていくしかありません。

政治に文句があったとしても

それを言ったところで

何も変わらないし、変えることはできません。

だったら、自分達に何ができるのか??

そのことを考え行動していくしかありません


経営者って・・・



ひとり社長をはじめとする

経営者の大切な仕事は2つあります。




一つ目は

意思決定

二つ目は

変化する環境への対応



この2つが経営者の

仕事です。

一つ目は

意思決定です

経営をしていると

小さなことから

大きなことまで

様々なことを決める必要があります。



そう、決める=意思決定です。
決めるということは

捨てることです。



一つ何かを決めたのなら

他は捨ててしまうということです。。




2つ目は

変化する環境への対応




刻々と変化する環境への対応が

経営者にとってとても大切です。


一昨年からの

流行り病(煽り病)もこれだけ長く続くって

誰も予想していないし

想像すらしなかったと思います。




ところが、ここまで影響があって

この先もどうなっていくのか

分かりません。



ですが

こんな状況であったとしても

経営者は、その環境に対して

適用していく必要がありますし

適用していかなかければ

なりません。。



まさに、下りのエスカレーターを

上っている感覚だと思います。




だから、

経営者は勉強しなければ

なりません。


目の前の思いついた

儲かりそうなことに

スグに目移りしてしまうような

その場限りの経営をしてては

勝ち残ることなんてできません。。




それよりも

自分の仕事が

誰のために

何のために

存在して



どう役に立つているのか??

そんなことを

考え行動している

経営者だけが



この先でも

生き残っていけるはずです。



そんな経営者を

私は応援していきたいです。



がむしゃらに

経営に取り組む

経営者を全力で支えます。




今こそ

誰かのせいや

社会の責任にするのではなくて

自分自身で考え行動する

そんな風になっていく必要があります。




例え辛くても

やまない雨はありませんし

必ずゴールはやってきます。。





まだまだ

諦めるのは早いです。



さぁ~もう一度立ち上がりましょう。

きっと方策はあるはずです。






それでは、また明日。

今日の気づき
経営者は、下りエスカレーターを上っています。

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

トラックバック

トラックバックURL:

お問い合わせ

Tel.0596-72-8089

営業時間 09:00 - 18:00 定休日:土日祝日