Blog

事業承継

2021.11.23

過去には、この先を生きるヒントがつまっている。

 492/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、そんなお話







何を話ししようか・・・

来週、また講話をさせてもらうのですが

どんなことを

お話しようかと色々と考えている西川です。



でも、この色々と考えている時間が

とてもいいんだと自分では

考えておりまして



今から2週間前にも

違うところで話をさせてもらったのですが
同じような話をするのは

ちょっと気が引けるというのもあり





それと、PowerPointを使って

話をしていましたが

いまいちしっくり来ないので

思い切って、何もなしで

マイク一本で話してみようかとも

思っておりまして。




過去を振り返ることと

次へ行くためには

捨てなければいけないんだと

改めて気づかされています。

相手は変えられない。

話をするために

自分の過去をずっと振り返っている

そんな中で

自分は逃げていたと

思うことがいくつかあった

その中で一番大きなことは

前にも書いたけれども



父親のところで働いていたが

その環境で働くことが耐えられなくて

独立という道を選んだということ。



このことを

自分の中で今までは

ちょっとした美談みたいに

言ってきた部分があったが

そうではなかった。



自分の人生をどう歩んでいくのか

ということと

仕事を引き継いでいくという



この二者択一の中で

どちらを選んだらいいのか??という

葛藤から、自分の人生を自分の足で

歩んでいくという選択をしたということでした。




その選択の裏側には

父親の事業を引き継がないという

選択をしていることになります。





引き継がなかったという
負い目っていうのは

正直ないです。



それは、

仕事が資格をもっていなければ

どれだけやっていきたいと思ったところで

仕事をすることができません。

その資格を取らないって

自分の中で決めたときから




もしかすると

どうしていくんだということを

考え始めていたのかも

しれません。





父親に対して申し訳ない

気持ちは少しありますし、

何かあったら

自分がフォローできることがあったら

フォローしていきたいと思っています。


事業承継をする中で

親子間の対立であったり

引き継が上手くいかないことも

多いようです。




親子ならではの

感情のもつれでもあるので

これが原因であるって

一言で言いきれない部分もあるんじゃないでしょうか??




その感情を一つ一つ

紐解いていくのは

かなり難しいですが

でも、方法はあるんじゃないでしょうか??

せっかく先代が作り上げた事業を

それを引き継ぎ、次へバトンタッチしていく。

長いこと地域で事業を行ってきたということは

その地域にとって、必要だった証拠



地域に必要だった事業を

次へ、次へと引き続いていく。

それも、その家に生まれたモノや

その会社に入社したものの

使命でもあるかもしれません。




相手を変えようとしても

変えることはムリです。。

絶対に・・・

だったら

自分が変わること

自分から歩み寄ること




まずは、ココから始める必要あります。
すぐには結果は出てこないでしょう

ですが、いずれか変化が起こってきます。




諦めず、投げ出さず

行きましょう。




親子で同じ仕事をするって

とても難しいです。





経営者と従業員との関係性を

良くするには絶対

MGです。






それでは、また明日。

今日のまとめ



後継者の子供気持ちも

経営者としての立場も

私は理解することができます。



それぞれの立場で

考え主張すれば、対立だけ。

対立だけでは何も生みません。

対立を乗り越えた先にある

発展へ私ができることを

伴走していきます。

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.18

言葉遣いは心遣い。どうとらえるか?

 487/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話







事実は一つだけ、自分がどうとらえるか。


ネガティブな発言をポジティブに

そんな風に捉えるができるのはスゴイ。

自分が周りからの刺激に

対してどう反応するか??

実はこれが分かれ道。

対立か調和か

その選択となってしまいます。 

言葉遣いは心遣いですネ。


モノゴトはポジティブにとらえる。




今日も、後継者の方からの相談がありました。

詳しいことは書くことができませんが


簡単にいうと
本格的な事業承継が進んでいないことへの

悩みでして



会社のもっとも

重要なところをどう引き継いでいくのか??



どのような方法をとる方がいいのかは

これから提案書を作りたいと思いますが




とても気になったのが
会社のことで

色んな事を考えて、考えて、考えすぎていて




どうもモノゴトのとらえ方が

少し、消極的になっている気がしました。

そのお気持ちも分かるのですが

消極的になっていると

いいアイデアが例え浮かんだとしても

否定的になりがちで

その否定的な見方は、ココロも引きずられてしまいます。


同じ現象であっても

捉え方を変える

つまり、積極的にとらえるだけで

モノゴトの見え方が違ってきて



いいアイデアだって

浮かびやすくなります。



一つの事実は

長所にも短所にもとらえることが

できてしまいます。
それらに左右されることなく

明るく、ポジティブな気持ちで

モノゴトの見ていきましょう。


それでは、また明日。

今日のまとめ

気持ち一つで

変わっていきます。



どうせなら、

ポジティブで


お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.17

弱みを強みにしようとしていませんか??

 486/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、そんなお話







話を聞くことで大きなヒントをいただけます。

今日は、お世話になっている

経営者の方とランチに行ってきました。



既に後継者に事業のほとんどを

引き継いでもらっていて

最後の区切りをどこでするかって

考えている段階の方。

50年以上前に

一代で会社を興し

大きくしてきました。

そして、事業を次の世代へ

承継するんですが

後継者は

身内ではなくて

従業員の中から

次の社長を選び

事業を引き継いでもらうそうです



大きな決断をされています。

弱みは強みに決してならない。



色んなお話をさせていただきましたが

従業員であったり、会社であったり

その弱みを強みには変えることができないって

いうお話でした。




私も同感で

弱みをどんなに強みに変えようと思っても

強みにはなりません。


弱みはあくまでも

弱みであって

それを伸ばそうとしても

平均化しようとするだけで

ほとんど意味がありません。



それよりも

強みを伸ばしていく

その強みを伸ばしていく方が

唯一無二の存在へと

なる可能性があります。



日本の教育が

平均化をしようして

弱点を克服しようと

します。




そのことが

強みを伸ばすことよりも

弱みを克服しようと

一生懸命、時間とお金を使おうとします。



ですが、

実は強みからしか

新しい事業も生まれないし

今のような混とんとした世の中でも

能力を発揮することができません。



そんなお話を聞かせてもらって

改めて、強みを圧倒的に

伸ばしていこうと

決意しました。



他にもいろんなお話を

させていただいて

とても勉強させていただきました。




人生経験が深い方との

お話は自分のない部分を

埋めてくれる。

私の中にはないヒントを

たくさんいただいております。




それでは、また明日。

今日のまとめ

社長の会社の

行きつけの定食屋に

行きました。


たくさんの人が来られていた

定食屋でした。
定食屋としての強みを

最大限いかしているんだろう

感じました。



お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.14

学びは、いつからでも、どこででも

 483/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、そんなお話







MG(マネージメントゲーム)開催しました。

今日は、1日こちらで

MG(マネージメントゲーム)研修を

させていただきました。




休日にもかかわらず

多くの方に参加していただきました。



お互いに
決算で教えあう姿は

とても美しいです。


今日は、参加者14名中

12名が初心者ということで

時間がとてもタイトで、ちょっと

苦労しました・・・


向上心こそ、ひとり社長には必要です。



参加された方々からは

現在、企業にお勤めの方は

経営者目線を知りたくて参加。

会社の成り立ちや

市場が決まっていく過程をイメージできたそうです。。



とても分かりやすい講義で

良かったです。



自分自身の思考回路や

ウィークポイントが浮き出るように感じました。



経営に係る意思決定、財務分析、

他社との比較etc…

色々なことを

学ぶことができました。



とても楽しく、しかも数字の大切さを

改めて感じました




以前から興味があって

ようやくMGに参加することができました。
今回の内容をぜひ仕事に活かしていきたいと

思います。




今までの営業方法に加えて

今回の研修を意識することで

販売方法が変わる可能性があります。





参加者の方々から

様々なご感想をいただきました。
少しは、参加された方々に

何かしらのインパクトは残せたのでは

ないかと思っています。




色んな方々と

リアルで集まり

MG(マネージメントゲーム)のこと

仕事のことを

話しすることで

コミュニケーションが高まってくるし



学びあう姿は

とても美しいモノがk

あります。




今回も参加者の

満足度も高かったと思いますので

さらに高めるように
これからも精進していきます



それでは、また明日。

今日のまとめ

14名中12名初心者ということで

エネルギーを使い果たし

めちゃくちゃ疲れました。



美味しいお酒を飲んで

早めに就寝です

おやすみなさいー

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.13

事業承継にピン!ときたら読んでみてください。

 482/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話



社会問題化しつつありますネ。

事業承継が社会全体の問題となってきています。
何年も前から言われてきたことではありますが

民間の信用調査会社のデータによれば、年々、企業の休廃業件数は増加傾向にあり、

2020年は過去最多となる5万件近くが休廃業・解散となったようです。

黒字経営でも廃業している企業が6割を占め、

その主因のひとつが「後継者不足」だという。

中小企業の「事業承継」の有無は日本経済を左右する切実な問題ですネ

後継者不足は解決するのか??



後継者不足を解消するには

なんといっても



早めは早めに

行動することです。

(当たり前ですけど)



後継者を教育しようと

思っても5年以上はかかるでしょう。
解消しようと思っても

すぐには難しいのが現状です。



事業計画を
長期、短期で考える際に

事業承継の問題に

当たると思います。。



その時こそ

事業承継を考えるタイミング



後継者を現場での仕事を

覚えさせて、少しずつ

役職を与えていくのは

一番の王道であって

時間がかかります。


親族内への事業承継

親族外への事業承継
マッチングサイトへの登録

M&Aや事業承継専門サービスの利用 etc・・・





事業承継が叶わなければ

最終的には廃業へと

行くしかありません



そんなことは

もったいない。




そうならないためにも

今からできることを

少しずつ初めていく必要が

ありますネ。



今日から

この瞬間から

できることを

始めていきましょう。




それでは、また明日。

今日のまとめ

事業承継は一朝一夕で

できるモノではなりません。

早く着手すれば

色んな対策を考えることができるし

とることができます。



お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。


2021.11.12

後継者にとって必要なこととは、コレです。

 481/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話



後継者になくて創業者にあるもの

後継者がやるべきこと





なんだと思いますが





経営者としての

心構えだったり




身につけなければ

行けないことが

たくさんあります。


でも

もっとも必要なことは

コレだと

私は思います



コレとは・・・




後継者こそ創業者精神を

コレっていったいなんなのか?



それは





『経営者精神』です。



経営者として

特に、創業者としての

精神を持てるかどうか




とても大切になってきます。

創業者は

自分ひとりの想いから

それをエネルギーに変えて

事業を進めていきます。




ところが

二代目、三代目ですと

創業当時の

ギラギラ感がなかなか

持ちにくい




でもね。
二代目、三代目の

後継者は

創業者精神を持つこと。



ただ、引き継いだだけでなくて

その引き継いだ事業に

さらに、何かを掛け算するくらいに

自分で事業を興していく



そのくらいの

ことは必要です。



上を目指し

向上していく

後継者には、絶対に必要です



創業者は

エネルギーが違います。

通常は向上心しかありません。

だって、何もないところから

0を1にするには

そうとうなエネルギーが必要です。


それを乗り越えてきた

創業者に負けないためにも

二代目、三代目は

創業者精神を持ち

新たに事業を興していくくらいの

エネルギーが必要です。



事業発展のためにも
創業者精神を

持ち続けていきましょう。



それでは、また明日。

今日のまとめ

創業者精神は必要です。

そのためにも

普段からいろんことに

アンテナ立てている必要があります。


キャッチしたことを

アイディアに

新たな事業にチャレンジしていきましょう。

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。



2021.11.08

ルールは必ず変わります。だから早めの行動を!!

 477/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)


今日は、こんなお話



ルール変更です。

暦年贈与って無くなるんですか???

そんな問い合わせも増えていまして

無くなってしまうのは確定らしいですが

いつからなのかは、まだ確定ではないようですネ。

じわじわと増税になっているの

きづいてますか??

法律ってある日

ガラって変わってしまうことが

あります。




ルールが変わってしまうと

これまでできていたことが

出来なくなってしまうことだってあります。



だったらどうしたらいいのか??

気づいた時に

即行動する必要があるってことです。



いつでもいいわぁ~って

思っていたら

ある日突然、いままでできたコトが

出来なくなってしまう。


意思決定にはサポートが必要。

だからこそ

気づいた時にすぐする。


すぐすることで

後悔することが少なくなりますし

チャンスを逃すことも少なくなります。





ところで
社長のもっとも大切な仕事






なんだと思いますか??


普段やっていることです。







社長の仕事は

『決めること』

つまり

意思決定です。






社長の意思決定の連続が

会社の方向性を決めていきますし

売上も、利益も決まっていきます。






そして

その意思決定が

遅かったらどうなるでしょうか??







当たり前ですが

遅い意思決定は

チャンスを逃します。

特に補助金なんかは

そうですね。

流行り病で沢山の

補助金がばら撒かれて

知る人ぞ知るという補助金まで

みんなが知ってしまうことに

なりました。

補助金は、締切期限が決まっていて

その期限を過ぎてしまえば

申請できなくなってしまいます。




申請するのかどうか

迷っていては

終わってしまいます。



事業承継でも

なかなか使い勝手がいい

補助金があります。

本年度は終了ですが

来年もきっと

あるんじゃないかなぁ。

国も事業承継を後押ししたくて

色んな施策を打っています。



これに乗らないのは

もったいない。



意思決定をサポートするためにも

3年先までの

計画を立てておくべきですネ。



その計画の中で

事業承継をどのタイミングで

行っていくのかを

見える化ですネ。



見える化で

意思決定しやすくなるし

どこへ向かうかの

羅針盤にもなりますネ。



こうやって

意思決定をサポートできるモノが

あることで

そのスピードも上がってきますし

もう、迷うこともありませんネ




自分の意思決定をサポートできるものを

ひとり社長として持っていきましょう。



それでは、また明日。

今日のまとめ

暦年贈与の問い合わせが

増えてきています。

やっぱり早めたの対策が

必要ですネ。

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.07

ひとり社長にとって幸せな辞め方ってどんな辞めたですか??

 476/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、そんなお話






季節は移り変わります。


今日、11月7日は立冬

冬の入り口ですネ。

本格的な冬が始まって

だんだんと

会う人の挨拶が

今日は、寒いですネ~って

なるんでしょうネ。


何事にも

始まりがあるということは

終わりがあるということですネ。

冬が始まるということは

秋が終わるということ

会社も事業承継が始まるということは

一つの代が終わるということですネ。




幸せな辞め方って何ですか?




季節は徐々に移り変わっていきます。

自然は時間の経過とともに

変わっていきますが

事業承継は、勝手には変わって

変わっていきません。

ひとり社長が思っている以上に

時間がかかります。



事業承継には

一応2つの道があります。

まずは、

事業を継続する

事業を継続しない



このパターンですね。

そもそもなんですが

その事業を継続させようと思う場合と

そのまま辞めてしまおうという場合では





取るべき対策がちがってきます。



事業を継続しないというなら

廃業という道ですネ。

辞めてしまうという

意思決定ですネ。




事業を継続させるというのが

事業承継になるわけですが


その場合でも

親族内での事業承継

親族外の事業承継



があります。



身内での事業承継と

そうでない場合では

取るべき対策が全く違います。



親族外事業承継でも

自社の役員への承継場合

外部から招へいする場合

M&Aの場合

の3つがあり

それぞれ

取るべき対策が違います。



事業承継は

事業を次の世代へ

承継するということで




大切なことは

現在のひとり社長自身が



自分にとって

幸せな辞め方

どういった辞め方なのかを

しっかりと理解することから

始まります。



教科書的に事業承継を

考えるなら


会社の『所有権』と『経営権』を

承継することが

事業承継です



まずは、現社長は

どうしたら

幸せな辞め方をできるのか?




そこから考えると

見えてくるものがあるかも

しれませんネ。



それでは、また明日。




今日のまとめ

日に日に

寒くなっていますネ。

体調管理も大切になってきますネ。




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.04

事業承継という言葉が浮かんだら始める3つのコト

 464/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


交通整理おじさん。

今朝は、PTA活動の一環として

横断歩道の旗振りおじさんをしてきました。

この時心掛けているのが

子どもたちが安全に横断できることは

もちろんのこと


元気に、こちらから挨拶(先手の挨拶)

をすることです。


最近の子供は

元気がありません。

その元気を与えるのも

大人の仕事ではないかと思いますし



しっかりと目指す方向へ

誘導してあげること

整理整頓してあげることは

大切な役目です。

事業承継が頭によぎったら、この3つを考えよう。

経営も同じコト

ひとり社長の現社長が

後継者へ事業を引き継ぐときも






まずは、現在の会社の状況を

整理整頓しておく必要あります。





事業承継をお考えの

経営者の方々は

何から始めたらいいのかが

分からないってよくおっしゃいます。



大切なのは

事業承継をどうしようかと

すべきことは

意外と単純です。






それは、

『いつ』



『誰に』

『何を』



を承継するか、整理整頓をすることです。


ここが決まらないと

外部の専門家に依頼する場合でも

専門書を読みあさったとしても

何も頭に入ってこないでしょう。


まずは、自分自身の

整理整頓が必要です。





この3つの

『いつ』

『誰に』

『何を』が

整理ができたら、







相談先も

相談内容も確定していきます。





事業承継を考え始めたら

まずは、

先ほどの3つを

書き出してみましょう。






必ず答えに出会うはずです。

それでは、また明日。


今日のまとめ



事業承継は、いつが一番いいタイミングか??

それは、現社長が頭に浮かんだときです。
まず、頭に浮かんだときが

スタートの時。


そこから全てが始まります。

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.03

自分の強みが誰の役に立つことができるのか?

 463/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として

生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』

あなたの大切な後継者を【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


とにかく内観とアウトプット


昨日までの2日間の学びは

深かった

とにかく、考え、書いて、書いて

一緒に参加しているメンバーと

自分のことを話して

お互いに気づいたことを

言い合って

そんな2日間を過ごしました。


自分の強みをどう活かすか??



そんなこんなで

自分の『強み』が浮かび上がり

なぜその強みがあるのか??



自分の過去と向き合い

そして、自分にはない視点で

意見をもらう。


そんなことを

繰り返して

自分の強みから

自分の理想客を探していく




それを自分の言葉に表現することで

明確化していきました。


自分は、8年前に独立したわけですが

独立といえば

格好いいですが

実は

『逃げたんですよ。』

その時の環境から


自分は小さな田舎出身で

父親は色んな会、組織に属して

いるので、ちょっとした有名人で






だから私が

どこに行っても

○○さんの息子さんって

言われてて・・・

それによるメリットも

たくさんあったけれど



でも、窮屈なことの方が大きく


例えば、

親に迷惑をかけないように

人の顔色をうかがって

行動することが多く





どこか自分らしさって

あったのか、なかったのか




そんな状態なので

その環境から

早く出たいという気持ちしかなくて





一度は出たものの

再度帰ってくるしかなくて





心を入れかえて

何とかなると思ったけれど

状況は悪化するばかり・・・




もう限界だと感じて

『独立』を選択しました。



というより

やっぱり

『逃げた』んだよ。






今、振り返って

冷静にみると





ワガママで

どうしようもない

ポンコツ息子ですわ。
アホ息子ですネ。
滝汗滝汗滝汗




それでも、

独立したおかげで


雇われていた時では

体験できない経験を

積み重ねてくることが

できましたし



その経験があったからこそ

今の自分の強みを

構築することができました。




その強みとは

『自由な発想力』

『行動力』




行政書士として

ひとり独立したわけですが

普通にやっていては

同業者には

勝つことができません。




だから、

どうしたらいいのかを

考え考え考えました。




既存の行政書士像に

囚われることなく

色んなことにチャレンジしましたし





それに伴う行動力を

積み重ねていきました。




これまでの経験によって

『自由な発想力』

『行動力』




が自分の強みになり




そして、今まで積み重ねてきた

経験を活かすのなら

お客様は誰なのか??


自分の経験が

誰の役に立つのか??



そんなことを

かんがえていたら




やっぱり

親子関係の改善

つながりを深めていく。


商売でいうなら



事業承継における

経営のバトンタッチ

をスムーズに行っていく




経営のバトンタッチを

確実に行うことで



歴史ある事業を

次の世代へつなげていく。





経営をバトンタッチを

キチンとすることで

先代の想いを次へと

つなげていく。





そのバトンタッチの

お手伝いができれば

自分の過去を思う存分

活かすことができてきます。



自分の強みをキャッチコピーにしてみました。
(現時点で)

まだ、変わるかもしれませんけどネ。



できる後継者に

過去、自分が父親との関係から逃げるために独立という道を選び、

私自身が経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』と『行動力』で、

あなたの大切な後継者を《できる後継者》に


方向性が定まりました。


後継者教育は

お任せください。

それでは、また明日。

今日のまとめ




広島の名物『がんす』

美味しかった~



家まで我慢できずに新幹線で

食べました


お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.11.02

やっぱりあったよ。求めていたモノが・・・

471/730


今日も読んでいただきありがとうございます。



ひとり社長が経営者として

演じるステージをワンランク上げるお手伝いをさせていただく、

ひとり社長の伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる社長のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

早朝から勉強です。




昨日から広島入り。

1日中自分の過去と向き合い
自分の強みは何なのか?
自分の理想客は誰なのか??



そんなことを知るために
深ぼりしていました。



それで今朝は
他県に来たのなら、やっぱり

参加しないとね~ってことで

講師は、ハラスメント全般を解決するために

企業等でコミュニケーションのセミナー講師をされている方で

とても、分かりやすくコミュニケーションについて

お話していただきました。

とても元気のある単会で

朝から40名以上が参加されていました。


過去の出来事×自分の強み

広島滞在2日目

今日は自分の理想客を探すため

朝からずっと自分自身の過去と向かい合い

自分の強みを活かしたら

どんな顧客が理想の顧客なのか??

理想の顧客を見つけるために

書いて、書いて、書きまくりました。



そのおかげか

自分が今後関わっていきたい

お客様像がぼんやりとですが

見えてきまして






それは、自分の過去の出来事と

大きく関係してきます。

8年前に私は父親のもとから

独立しました。

こういうと

とても聞こえがいいのですが

結局のところ、父親の元から

『逃げた』んですよ。



独立といういい格好して

本当は、その状況が辛いから

『逃げた』


それが真実なんですよね

逃げたもんだから

お客様もいない

事業資金もない

さらには、学歴もない

という3つのないない状態。

そんな中で経営をしてきたから

辛いのなんのって

最初のうちはなかなか結果も出ずに

もがいていましたが





正面突破がダメなら

ヨコから

右から

左からと

いろんな発想力を駆使して

そして、誰にも負けないような

行動力

経営をしていきました。



やっとなんとか

カタチになってきて

今があります。



この過去の経験を

活かすとするなら

いったい誰がお客様なのか???



過去の経験だけでなくて

自分がお客様に提供することができるモノで

役立つことができるのか??




そんなことを掛け合わせながら

1日中考えていました。





そのおかげで

ようやく、今まで自分がやってきたこと

そして、過去のこの経験を

組み合わせることで

自分のお客様像が

出てきました。




どんなお客様だと

思いますか??





それは・・・・

この続きは明日以降に

書きたいと思います。


それでは、また明日。

今日のまとめ



結構ブラッシュアップできまして

とてもいい感じです。
でも、もう少し深堀して

自分のモノにしたいと思いますので

発表はもう少しお待ち下さい。


お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2021.09.21

経営も相続に共通することがありました。

 429/730





相続と経営はよく似ているって

最近感じます。

上っ面なことを聞いていると

間違った答えをしてしまうんじゃないかと

とても慎重になります。


そのためにも必要なことは

現状把握です。
これは、質問をちゃんとすることで

確認することは可能です。


今日は、そんなお話


読んでいただきありがとうございます。

ひとり社長が経営者として

演じるステージをワンランク上げるお手伝いをさせていただく、

ひとり社長の伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる社長のこと。(私の定義です)

相続するにも現状把握が必要です。



今日も相続に関するご相談



午前中は、お持ちの資産を子供たちか

その次の孫の世代へ残してあげたい。

そんなご相談でした。


午後からは

認知症になられた方の

今後の事後処理として

お持ちの資産がどの程度あるのか

不動産の現地調査を

してきました。



それぞれ共通するのは

しっかりとした

現状把握が必要であるということ



やみくもに資産を動かしたり

意味のない遺産分割は

避けるべきです。



両方とも

これから相続する前に

どうするか??という

お話ですので

少し先を見据えた

行動が必要です。



これって

経営と同じだと思いませんか???



経営でも現状把握が必要です。




相続でも現状把握がとても

重要ですが



経営においても

現状把握がもっとも大切です。


新たに何を始めようとする場合や

会社の方向性を変化させていこうと

するのでしたら


現状把握をせずに

進めることは危険ではないでしょうか。




まずは現状把握です。

現状把握につながる

環境整備ではないでしょうか。




まずは、不要な物の処分。

ここ数年使っていないようなモノは

真っ先に処分する必要ありますし

思い切って処分してしまいましょう。



また、会社の決算書にある

資産として上がっているような

材料等の資材。


実際は不明な場合も

多いですし、会計上の処分が必要でしょう。



実際のモノも

会計上のモノも処分することで

本当に必要なモノが見えてきます。。


そこで初めて

新しいことを取り入れたり

機械等を購入したりする

タイミングではないでしょうか。




現状をしっかりと

把握することは

足下をしっかりと見ることと同じです。



自分の足下が見えないのに

新しいことをしたところで

失敗する確率が高まってきます。




相続に関する事前の手続でも

現状幾らの余裕資産

(承継させることのある資産)があって

今後どのような生活をしていくのか??

いくら生活費として必要なのか??


そういったことを

全て出したうえで現状を把握


ある意味

人生をデザインする感じです。

経営でいうところの

事業計画の作成って感じですネ。

こういったことが

できるのも、環境整備が整っているからこそです。

いるモノといらないモノを

仕分けできているからこそ

正しい意思決定をすることが

できますし、間違うことも少ないでしょう。



だから、まずは

現状把握に伴う

環境整備を徹底して行っていきましょう。

きっと役立つと思いますよ。

それでは、また明日。





今日のまとめ



日々色々お仕事させてもらっていますが

現状をしっかりと把握してから

進まないと、間違った方向に行っちゃうだろうなぁ~

って思うことが多いです。

ひとり社長も迷った場合は

現状把握と環境整備です。
これをやっていると

正しい方向へ進むことができるはずです。




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

お問い合わせ

Tel.0596-72-8089

営業時間 09:00 - 18:00 定休日:土日祝日