Blog

MG/TOC

2022.05.24

現状維持は衰退への第一歩、進化・変化をし続けていく必要がある

 670/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  変化・進化は必要。



牛丼チェーン店もV(原価)が高騰する中

試行錯誤しながら経営をしていく中で

牛肉ではなくて、鶏肉のメニューを出していくのは

自然の流れ、昨日と同じコトをしていては、現状維持と変わらず

衰退するだけだから

記事にあったが

なぜ・・・って

それは、企業として生き残っていくための

開発を続けているからであって



現状維持は衰退の第一歩

研究開発を続ける企業こそ

変化し続ける企業こそが

生き残っていけます。

  研究開発だけじゃない。



先日、研修させてもらった

MG(マネージメントゲーム)は

実は、ソニーがベースで作られています。

開発者の西順一郎氏がアップアップアップの盛田さん、井深さんの

秘書をされていた時に

MG(マネージメントゲーム)を開発しました。

なぜ作ったのかは、研修にお越しになられたときに

説明させていただきますネ。ダウンダウンダウンお申込みは下記から笑い泣き笑い泣き

MGで最も大切な経費

F4

研究開発費


広告宣伝費


教育研修費

この3つが大切となってきますが

その中でも

研究開発費(青チップ)

他社よりも安く販売できるということで

初心者の方からベテランまで

こぞって購入します。

ゲームでは

安く売れるということですが

リアル社会では

付加価値が付いて高く売れるいう

イメージでしょうか。


青チップを沢山並べたくなるのは

当たり前っちゃ~

当たり前



強いのを目の前で見ることに

なりますからネ。



すると

どうしても

価格競争になりがちですし

より、新しい商品やサービス

あるいは、付加価値が付いた商品やサービスが

より、高価格で提供することが

できます。



ただ、同じテーブル全員が

青チップの枚数が同じだったら・・・・



つまり、

リアル社会では

自社の研究開発として

新しい商品やサービスを提供していたが



すぐに他社が同じような

商品やサービスを提供し始めたら・・・



ガチンコ勝負すると

価格競争となっちゃいますよね。



だから

研究開発ばかりに

頼っているのでなくて


生産力を強化したり

人を上手に使ったり

広告宣伝をタイミングよく

作ったり


従業員の教育に力を入れたり


やれることは無限にあります。

これは、MGだけでなくて

リアル社会でも同じコト。


一点勝負よりも

これからは

総合力で勝負しなければ

勝ち残っていくことは

難しいでしょう。



だからって、研究開発を

怠っていてはやっぱりダメ

色んなことをやりながら

企業自体の

総合力の強化を

図っていく必要がありますネ。




ひとり社長も自社の

経営資源を再度見直し

研究開発、変化しつづけながら

総合力で先の見えない時代を

駆け抜けていきましょう。



私は応援しています







それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.22

MG2日目を終わって、今回も学びがありました。

 667/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  今日はMG研修2日目

本日はMG研修2日目

4期、5期は

白熱しました。

皆さん真剣に取り組んで頂き

それぞれに

学びがあったようです。

感想文を読ませて頂きまして

とてもいい感想文を

書いてくださいまして

私としても、励みになります。

  MGで学べること



経営に落とし込めてこそMG

どんなにゲームに強くたって

この研修で学んだことを

事業に活かせることが

できるかどうかが

とても大切です。

MGにはたくさんの学びが

あります。

今日は、3つ挙げてます。

①経営者の仕事とは何か??

>⑴MGで学ぶのは意思決定。

1回のゲームで何十回も意思決定します。

その意思決定で全てが決まってきます。

材料を買おう。

人を採用しよう。

販売しよう

従業員を教育しよう etc・・・

様々な意思決定によって

それぞれの結果がでます。

>⑵環境適用能力

同じテーブルの方々の会社盤を見ながら

どうやった戦うことができるのか??

そんなことを考えてゲームを進めていきます。

そのことがその場の環境適用能力を高めてくれます。

これは、実業でも同じで

世の中がどんな動きをしているのかどうか

その感覚を研ぎ澄ますことができます。



②経営とは何か??

MGをしていると

売上とは言わずに

PQっていいます。

そして、PQを目標にするのではなくて

MQを目標とします。

経営で大切なのは

MQ>F

掛けた経費よりもMQ(粗利総額)が多ければ

黒字ということになります。


③会計とはなにか?

会計ででてくる

財務3票

貸借対照表(P/L)

損益計算書(BS)

キャッシュフロー計算書(CF)

これらは、全て情報です。

この情報を使えるかどうか

MGを何度も何度も受けることで

この会計というのが

少しずつ分かってきます。

会計が分かることで

税理士任せの会計処理を

自分で行うことができ

会計を通じた意思決定が可能となります。

これら3つが学べる

MG研修はめちゃくちゃスゴイです。

MG研修を何度も何度も

受けることで、これらが

体の中にしみこんできます。

世の中の売上爆上がりのテクニックを

学ぶことよりも

このMG研修をじっくり学ぶことで

本物の経営者になることだってできます。

それだけ素晴らしいMGを

これからも学び続け

そして、伝えていきたいと思います。


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.21

MG研修開催しました。

 666/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  MG研修開催です。

今日は弊社主催のMG研修
満員御礼での開催で
有難いことですよ。

MG研修練習風景

初心者が多かったので、練習を取り入れてみました。

今回は、三重県内の参加者が9割

イイ感じです。

これは

明日も続きます。

  MGって何ですか???




MG(マネージメントゲーム)は

ゲームを通して会社経営の疑似体験をすることができます。

参加者は300万円を元手に創業します。

ゲームでは、様々な意思決定を繰り返すことになりますが。

設備投資、人材活用、研究開発、人材教育、広告宣伝、商品販売といった

経営全般の意思決定を自分で行っていただきます。



経理、数字がわからないのは、

目隠しして、経営をしているようなもの!
MG(マネージメントゲーム)研修とは

新入社員から経営者まで、熱くゲームを楽しむうちに、

経営論と儲かる会計理論が自然と「カラダに入る」「身につく」のです。




全員が300万円を元手にスタートし、それぞれの意思決定によって

会社が黒字を積み重ねて成長したり、逆に赤字を重ねて倒産したりします。

MGを繰り返して学ぶことができる

 「意思決定力」や「状況判断力」はマネジメントを遂行するうえで欠かせないスキルです。






MGは、昭和51年にソニーCDIの西順一郎氏が開発したビジネスゲーム。

井深大、本田宗一郎、ドラッカーの経営論を基本思想とし、

「儲けるための経営者の数字の発明」MQ会計と

「誰でも簡単に実態がわかる決算ができる」マトリックス会計が

ゲームに組み込まれています。




繰り返し体験することで、

MGの持つ科学・思想・戦略眼・大局観・人間学が自然に身についてきます。



このMGを通して学べること3つのコト

①社長の仕事が分かる。

②経営とは何かが分かる。

③会計とは何かが分かる。




MGで会社とは何なのか?を知る。

MGで会社に落とし込んでシミュレーションをしてみることで、

見えるものがある。

本当に活用できる会計を会社に導入することで

先を見据えた経営(未来への意思決定)が可能となり

大切な家族や従業員を守ることにもつながっていきますし



経営者自らの夢に向かって

より一層スピード感持って

進めていくこともできます。


さらには、MGを通じて

同じように学ぶ経営者の仲間もでき

同じような悩みを語り合うことにより

その悩みの解決策を得ることだってできます。




このようなMG研修を毎月1回弊社事務所にて

開催させていただいております。

12名限定での開催ですので、

ゆっくりと深い学びをすることができると

大変好評をいただいております。


次は、8月開催です。



それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.21

MG研修開催しました。

 666/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  MG研修開催です。

今日は弊社主催のMG研修
満員御礼での開催で
有難いことですよ。

MG研修練習風景

初心者が多かったので、練習を取り入れてみました。

今回は、三重県内の参加者が9割

イイ感じです。

これは

明日も続きます。

  MGって何ですか???




MG(マネージメントゲーム)は

ゲームを通して会社経営の疑似体験をすることができます。

参加者は300万円を元手に創業します。

ゲームでは、様々な意思決定を繰り返すことになりますが。

設備投資、人材活用、研究開発、人材教育、広告宣伝、商品販売といった

経営全般の意思決定を自分で行っていただきます。



経理、数字がわからないのは、

目隠しして、経営をしているようなもの!
MG(マネージメントゲーム)研修とは

新入社員から経営者まで、熱くゲームを楽しむうちに、

経営論と儲かる会計理論が自然と「カラダに入る」「身につく」のです。




全員が300万円を元手にスタートし、それぞれの意思決定によって

会社が黒字を積み重ねて成長したり、逆に赤字を重ねて倒産したりします。

MGを繰り返して学ぶことができる

 「意思決定力」や「状況判断力」はマネジメントを遂行するうえで欠かせないスキルです。






MGは、昭和51年にソニーCDIの西順一郎氏が開発したビジネスゲーム。

井深大、本田宗一郎、ドラッカーの経営論を基本思想とし、

「儲けるための経営者の数字の発明」MQ会計と

「誰でも簡単に実態がわかる決算ができる」マトリックス会計が

ゲームに組み込まれています。




繰り返し体験することで、

MGの持つ科学・思想・戦略眼・大局観・人間学が自然に身についてきます。



このMGを通して学べること3つのコト

①社長の仕事が分かる。

②経営とは何かが分かる。

③会計とは何かが分かる。




MGで会社とは何なのか?を知る。

MGで会社に落とし込んでシミュレーションをしてみることで、

見えるものがある。

本当に活用できる会計を会社に導入することで

先を見据えた経営(未来への意思決定)が可能となり

大切な家族や従業員を守ることにもつながっていきますし



経営者自らの夢に向かって

より一層スピード感持って

進めていくこともできます。


さらには、MGを通じて

同じように学ぶ経営者の仲間もでき

同じような悩みを語り合うことにより

その悩みの解決策を得ることだってできます。




このようなMG研修を毎月1回弊社事務所にて

開催させていただいております。

12名限定での開催ですので、

ゆっくりと深い学びをすることができると

大変好評をいただいております。


次は、8月開催です。



それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.20

ひとり社長への商品(ギフト)を作りました③

 665/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  作ってみました。

新たな商品(コンテンツ)を考えていまして

どんなことだったら

自分の強みを活かして

ひとり社長の役に立てるか??




そんなことを考えていて

その商品(ギフト)を紹介するのは

最終日。

だいぶまとまってきましたので

ご紹介させていただきます。

  ギフト3

先日から、ひとり社長へギフト(コンテンツ)を

作りましたっていう内容を書いてきました。


①ひとり社長コンサルティング

②ひとり社長塾


今日は、その第三弾としまして

最後のギフトになります。

その名も


③ひとり社長事業承継

対象>65歳以上のひとり社長

ひとり社長が65歳以上の方

そろそろ事業承継について考え始めている時期ではありませんか??

まだまだ先って思っていても、時間はどんどん進んでいきます。

65歳の今でしたら、様々な選択肢を考えることもできるし

それにともなう行動もすることができます。

ただ、あと5年、10年と時間だけが過ぎて行くと

それこそ、選択肢が限りなく少なくなっていきます。

実際に事業承継を後回しにしていて

気づいた時には、ご自身の年齢が80歳。

そろそろ従業員へ事業としようとして

その話をしたら、なんと!!

断れてしまって、もう少し待ってほしいって・・・

いやいや、待てないですよネ。

その社長。

もう会社売ろうかなぁ~

ですって。




それはもったいないことですし

誰かに売ってしまっては

ひとり社長の人柄に触れて

お客様になってくれた人は

必ず去っていきます。



従業員もひとり社長だから

働いてくれていたのに

全く関係ないところから

いきなり社長って

呼ばれる人がやってきたところで

従業員の士気は上がらないでしょう。

そのまま時間が解決してくれるって

そのまま放置していたって

何の解決にもなりませんし

事業承継は今日、明日すぐに解決するものではありませんし

簡単にできるものではありません。




5年、10年と時間を要するものでもありますし

そのくらいの時間を掛けて

じっくりと引き継いでもらった方が

流れよく会社のバトンタッチができるはずです。

弊社のお客様でも

事業承継について悩み、考えている方も

多くなってきました。

誰にでも相談できるモノでは

ありませんし、そんな相談相手がいないという

ひとり社長が多いことの方が多いです。

そこで、事業承継何から始めていいのか分からない

ひとり社長にその方向性を確認していただき

事業承継が完了するまでの間、徹底的にサポートさせていただきます。


<内容>

毎月1回のコンサルティング

事業承継へのロードマップの作成

次期社長との今後の方向性の明確化

事業計画書作成サポート

補助金申請サポート

組織体制の充実化

MG/TOC etc...

長期にわたるプロジェクトになりますが

ひとり社長が決めたゴールにむかって

最後まで伴走していきます。

それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.18

ひとり社長への商品(ギフト)を作りました①

 664/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  想いをカタチに

ずっとしなければいけないと思っていた

商品づくり。

ようやくカタチが見えてきました。

私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく


このコンセプトを元に

自分のお客様だと思っている

ひとり社長に何を提供することができるのか??



そんなことを考えていて

でも、ずっと考えてきたことが

少しずつカタチとなり

表れてきました。



ひとり社長の事業が少しでもいい方向に

行けるような、そしてそこに働く

従業員方々も幸せになってもらえるような

サポートが出来ればと思い作りました。


  弊社提供のコンテンツ①



弊社がひとり社長にご提案するコンテンツを

2つ考えていまして、今日はその一つをご紹介。

①ひとり社長コンサルティング

対象>売上5億以下の30~50代のひとり社長


日々ひとりで最終的な意思決定をしていると思います。

事業について深く相談できる相手がいるような、いないような

そして、その意思決定が正しいのか、正しくないのか?

迷っているひとり社長も多いはず。


もし、自分が迷いながら意思決定していて

気づかないうちに、思っていた方向と違う方向へ

進んでしまっていたとしたら・・・

直ぐに気が付けば取り戻せますが

そうでなかった時には、取り返しがつきません。

また、自分の事業のことを深く他人に話す機会って

どれだけお持ちでしょうか??


私は日々様々経営者の方々にお会いしますが

よく耳にするのが、事業のことを話す機会って

あまりなく、上辺だけの話になることが

多いってお聞きすることが多く

私から、過去のことや

今現在のこと

そして、将来のことについてお聞きすると

話ながら自分の中で整理できてスッキリした

おっしゃる方も多いです。


つまり、自分の頭の中で考えていることを

アウトプットする場面も少ないのが

現状です。

そこで、今回弊社が

ひとり社長に提供するコンテンツとして

以下のことを提供し、

ひとり社長の事業発展のために

右腕となり全力で伴走していきます。

<内容>1年契約

毎月1回のコンサルティング

事業計画書作成サポート

未来の意思決定へのサポート

顧客及び事業の交通整理

補助金申請サポート

MG/TOC(5期分参加可能)



私が持っているモノで

全力でサポートさせていただきますので

本年は5社限定でスタートさせていただきます。


なぜ5社か。何社でもお申込みいただければ

有難いのですが、それでは力が分散してしまうと

思われますので、毎月5社までならサポートすることができると

考えたからです。

詳しいお問い合わせは

下記フォームからお申込みください。




コンテンツの詳しい内容につきましては

一度zoomによる無料相談をさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



それでは、また明日



お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.16

人には、役割りがあり特性があります。

 662/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  今日は難儀でした・・・

今日は疲れました・・・
仕事のことなので
全てを話すことができませんが(守秘義務がありますので)
相続に関する手続きと
その後の不動産の売却に関して
関係者全員が集まり
話し会いました。



その中で、なかなかうまく話が進まず
私自身の感性が間違っているのかなぁ???
そんな風に感じてしまいました。
(詳しくは言えませんが・・・)
その後、事業承継に悩む
クライアントの経営者にもお会いし
お話を聞かせていただきました。
(詳しくは言えませんが・・・)
それぞれ立場で
色々と考えることがあり
難しい反面
面白さも感じました。
さて、今後どうしていきましょうか。

  人には特性がある。

私が常に見ているのが

その人がどの役割を担っているかどうか??

その一点です。

その人が一体どんな色(立場)なのかが

とても重要で

その色と違った役割を与えてしまうと

その組織が上手く回らなくなります。

ズレた組織になる可能性もあります。




その
色(立場)には

4つあって

主役

脇役

監督

助監督

の4つです。


の役割のどれが良くて
どれが悪いとかではなくて







人の役割として
4つがあるだけです。





それぞれの役割を
簡単に説明すると




主役は、そのとおり
その舞台を演じる主役のように
リーダーシップをとり
エネルギッシュに活動します。






脇役は主役を立てる
舞台上にいて主役を引き立てるために
劇を演じている。






監督は、主役がどうやったら
演技しやすくなるのかプランを
演劇プランを作り上げる。






助監督は、まさに縁の下の力持ちで
監督ができないところを
補うような役割です。




組織でも

役割が必ずあります。

誰もがその役割を

担えるわけではありませんし




役割がバッチリ合うと

組織はスムーズに回ってきます。




ぜひ、一度組織内の人を

色分けしてみてください。




ちなみに
私自身は
脇役として

組織運営を考え、どのように組織を動かしていくのか?

そんなことを常に考えています。

人にはそれぞれ役割りがあり

考え、価値観が違います。

その違いをどれだけ受け止めて

受け入れていけるのか??

それが、人間関係でも

組織関係でも同じことが言えます。

今日は、とりあえず

話しだけで終わりましたが

次回までに受け入れます。

ちょっとワクワクします。


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.14

常識で考えれば分かるはず。

 660/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  そりゃ~こうなるでしょ。

そりゃそうでしょう。
会社は営利法人。

稼いでナンボ

利益が出せなかったら

その事業は撤退するでしょうし、

ずっと0円だと思って

契約している方がおかしいでしょう。

もし、本当にずっと

0円だなんてありえんでしょう。

楽天がボランティア企業なら

ありえるでしょうけど

株式会社ですからネ。

  経費を分解してみよう。



当然、携帯事業を行っていくと

経費が掛かります。

これは、誰にでも分かることで

MGでは経費のことを

Fと表現します。


fixed costのFです。

そのFは5つに分解することができます。

F1~F5で

F1は人件費

F2は経費

F3は金利

F4は戦略費

F5は減価償却費


こんな風に分解することができます。

決算書を見て

経費削減!経費削減!って

呪文のように唱えていても

何の意味もありません。

決算書の中の

経費Fを

まずは

F1~F5に

振り分けてみて

自社の経費で

どの項目が多いのかを

現状把握すべきです。

すると

どういったことに

お金を使っているのかが

分かります。

その中で

本当にムダなモノは

削減すべきですし

逆にかけた方いい

経費に投資していなければ

投資すべきです。

特に

重要なFは

F1~F5で

何だと思いますか??

それは

F1とF4です。

F1は人件費。

これを下げたい

経営者って多くないですか??

その気持ち分からないでは

ないですが

でも、よく考えてくださいネ。

会社の事業が苦しくなったからって

F1を下げちゃうと

従業員のテンションって

どうなるでしょうか??

ご想像通りですよネ。

テンションが下がるだけなら

まだしも、

辞めちゃうってことだってあります。


だからって

売上(PQ)ダウンダウンダウンダウン

粗利総額MQダウンダウンダウンダウン

しているのに

どうするんだ??って

あるかもしれませんネ。



その場合でも

まずは、F2の経費部分で

ムダなモノはないのか?



削減しても

事業に影響がないモノは

ないのか??



そこから

着手すべきでしょう。


そして、

ひとり社長自ら

身を切る覚悟じゃないけど

役員報酬等を

削減していく。



そんなことから

始めるべきで

F1に手を付けるのは

最後の最後でしょう。



削減のコトばかり

書きましたが

逆に売上ダウンダウンダウンダウンの時でも

かけるべきFは

F4の戦略費です。



F4はさらに


研究開発費



広告宣伝費



教育研修費


の3つに細分化することが

できます。



会社にとって

新しい商品は作成していく

必要がありますので、

そのための研究開発は

する必要あります。



自社の商品やサービスを

お客様に知ってもらわなければ

売上も上がりませんので

広告宣伝をする必要ありますよね。



従業員の新しい技術習得のため

レベルアップのために

教育研修をしなければ

同業他社に遅れをとって

しまうかもしれません。


この3つの経費は

金額としても

大きいので

削減対象になりがちですが


逆に将来の自社の投資として

この3つのF4には

経費を掛け続けなければ

ならないです。


流行り病で

事業が大変な時ではありますが

Fの分解による現状把握によって



投資すべきところと

削減すべきところの



見極めが重要です。


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.13

利益に対する感度を考えるだけで、行動が変わる。

 659/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  ビール値上げかぁ~


ビール値上げかぁ~

どんどん色んなモノが値上がりするなぁ~

これも仕方ない気がするが

何とかならんもんですかネ???

企業努力にも限界があるんでしょうけど

なぜ、このようなことが起こるのか??

コスト増がどれだけ会社に影響があるのか??




感覚的には分かると思いますが

それを明確に説明することできますか??


とある簡単な図で

説明ができてしまうんですよネ~



コレを利益感度分析っていいます。



  何度も出てくる利益感度分析




利益感度分析。

利益感度というと

稼いだ利益と経費とのバランスで

MGでは、

MQ>Fであれば黒字

MQ<Fであれば赤字


となります。



これ以外に

利益感度は4つあります。

それは

価格(P)

原価(V)

経費(F)

数量(Q)

の4つ

それぞれ利益感度を図ることができます。

それぞれの利益感度を分析すると


利益感度が鈍い順に

ならべると


1 F

2 V

3 Q

4 P

となります。

価格は少し上げ下げするだけでも

利益に影響あります。



それとは逆に

Fを上げ下げしても

利益に対する影響は

実は低いんです。


この詳しいことは

MG研修にご参加くださいネ


こうなると

V(原価)が上がる⤴と

どうしても価格への転嫁となってしまいます。

それは、この利益感度分析の結果からも

言えることがではないでしょうか???


経営者の中には

Fをかけることを

嫌がるひとり社長もいますが

実は、F掛けるべきなんです。



売れない時に

Pを下げがちですが

この値下げが

利益を失うことだってあります。


ちょっとした

値下げであってもネ。


自社の利益感度分析を

しっかりとすることで

どこに注意したらいいのか

どこに気を付けるべきなのか

ハッキリすることで

戦略・戦術を立てることが可能となります。





V⤴も大事ですが

そこばかりではなくて

どうやったらQアップ⤴することが

できるのかどうかを考えることも必要だと

私は思います。



言えることは

F(経費)をかけなければ

事業発展はありえません。





ちなみに

私はスーパードライ派


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.12

悩んだらすぐ相談。これが解決への近道

 658/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  テキストを入力


今日も雨が降る中

ゴルフの練習に行ってきました。

仕事でモヤモヤすることがあったので

少し頭をクールダウンさせようと思って

行ったのですが

余計にゴルフスイングで

悩みが爆発して

クールダウンどころではなくなってしまいました・・・笑

3月から本格的に初めて

2カ月。

自己流である程度まで来ましたが

完全に迷走状態に入ってしまった感じです。



何をどうしても頭で思っているように

身体が動いてくれなくて・・・




やっぱりプロのレッスンを

受けるという意思決定をしました。

来週くらいからレッスンを受けようかと

思っています。

自己流には限界があると

仕事においても思っていますが

スポーツも同じ。



これは経営でも同じことが

言えますね。
経営手段・手法はさまざまです。

ですが、悩む内容はそんなに多くないのでは

ないでしょうか??

ひとり社長は良き相談相手を

持っていますか??

自分の悩みや将来について

心から素直に話しできるパートナーはいますか??



  テキストを入力



独立した時って

どんなに強がったとしても

寂しいモノですし

孤独になります。



これは、事業が順調だったとしても

苦戦していたとしても

どちらであったとしても

こんな気持ちになりがちです。




神頼みをしたい気持ちも

分かりますし

神社に行って願い事しちゃいけないって

言われても、しちゃう気持ちも分かります。



私がそうでしたからネ。




お客様が唯一1社で

なんの保証もないまま独立しましたし

お金だって潤沢にあったわけではなりません。



ないないづくしのまま

エイヤァーって

独立しましたから

ないモノばかりですので

神社に行って

神様にお願いごとも一杯しました。






僕はそれでいいと思っているし

スタートアップは誰しもが

そうなるんじゃないでしょうか??




だから、ガムシャラに働くんだろうし

一生懸命になります。




僕の経験上

ガムシャラに一生懸命働く以外に

こんなことができたら

もっと良くなったのかもしれないって

思うのは、




誰か信用できる人に

自分の内面を相談すること





これがあったら

もっと違ったかもしれませんし

できることが

もっと早く叶って行ったかもしれません。






そんな気がします。




自分一人で考えていたって

限度があります。






だって、自分から発想は

自分の経験したことの中からしか

出ることはないでしょう??

もし経験があったとしても

それを思い出すのは

ひとりではなかなか難しいことだってあります。





そんな時
自分の今の現状を

信頼できる人に相談することで

話を聞いてくれる人がいれば

自分の忘れていた過去の経験から

何かのヒントを思い出すかもしれませんし





聞いてくれる方に

ちょっとした

アドバイスをもらうだけで
大きなヒントにつながる可能性だってあります。。





だから

自分の内側を話すというのは

とても有効ですし

現状を打破したいのなら





自分の話を

聞いてもらうことです。



自分の内側を全て吐露することで

モヤモヤもスッキリしますし

自分の中のアイデアも

出しやすくなります。



だから

聞いてもらうことなんです。





ただ、注意したいのは

聞いているようで

聞いていなくて



ただ単にアドバイスしたがる人もいます。



そういった方に聞いてもらうのはちょっと危険かなぁ



目的は

あくまでも

聞いてもらうだけ






本当に話を聞いてくれる人を

探してみましょう。




ちなみに

お話お聞きしますよ。(^^♪

対面でもzoomでも


お気軽にご相談ください。



それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.04

広告宣伝にも色んな方法があります。経費だけを考えると・・・

 654/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  G.W的なことをしています。



G.Wということで

ここ数年は流行り病で

行動制限があって

なかなか出掛かることができなかったけど



今年は、ほとんど解除されたようなものですので

お出かけです。



伊賀市のかまどで有名な

長谷園へきました。

窯出し市に行ってきました。


毎年時期になると

こんなハガキが毎年G.W期間中に

届くので、近場でもあるので

結構な確率でうかがっています。


ところが、このハガキは今年で最後で

来年からメールで

窯出し市の連絡があるようです。

それ以外でも

色んな情報がメールで届くんだと

思うんですが・・・

DX化が叫ばれて

なんでもかんでも

デジタルである必要って

あるんかな??



個人的には

デジタル化は必要だと思いますが

そこはあえてアナログ的なことは

残しておくのも

いいと思ってますし

弊社でもアナログ(ハガキ)は積極的に活用しています。



ひとり社長はどうですか??

  Qを上げたいはずなのに



売上を上げたい。

そんな風に思っている

ひとり社長は多いはず

売上は

販売価格(P)×販売数量(Q)で成り立っているので



Pを上げるのは大変ですから

やっぱり、販売数量を増やしたくないですか?

それぞれの事業によって

Q(販売数量)って違うはず

お客様の数だったり

商品の販売数量だったり


そのQを上げていくには

順番があって

それを

Qupの5原則といいます。


まずは

赤チップ(広告宣伝)です。

いくらいい商品を作って

販売していたとしても

知られていなかった

誰も買ってくれませんし

Q(販売数量)は増えていきませんネ。


次は

青チップ(研究開発)です。

赤チップが進み

ある程度売れ始めてくると

他社がマネし始めてくるでしょう。

その対応としても

新たな研究開発で

差別化が必要ですネ。


更なるQupのためには

在庫バランスが必要です。

せっかく広告宣伝もして

研究開発にも投資しているのに

商品の問い合わせや

買いたいっていうお客様が

来られた時に売る商品が

なければ、機会損失につながります。

それではめちゃくちゃもったいない。


そして

行数。(時間の使い方)です。

MGのゲームでは

各期ごとに

行数が決まっています。

その限られた行数内で

モノを買ったり、作ったり

人を採用したり・・・

色んなことを行っていきます。

1日の仕事の時間の使い方や

1カ月、1年の時間をどうやって使っていくのか?

1日の仕事は8時間

22日働いたとして176時間

1年だと2112時間しかありません。




この時間内に必要なMQを

どう稼いでいくのか???

とても大切なことです。

時間は目に見えないからこそ

意識して大切にしていきたいものです。



最後は、

気合です。

例え、どんなことがあったとしても

気合いを入れ跳ね飛ばすくらいの

勢いは大切です。

ここまで積み重ねてきたのならば

最後は、明るく、元気に明朗であることが

必要ですネ。




このQupの5原則は

リアルな現場でも使えるモノです。

ぜひ、Qupのための

投資への優先順位を

考える参考にしてみてください。




そして、スマホの普及率が上がってきた

昨今では、赤チップの仕方が大きく変わってくるかも

しれませんネ。


とはいえ、田舎では

まだまだアナログなモノは

有効です。


弊社のお客様でも

インスタグラム等のSNSよりも

新聞の折り込みチラシの方が

効果が高いっておっしゃっていました。

どれだけスマホの普及が

進んだといっても

アナログの力って

結構大きいです。

弊社でも

Facebookのイベントや

SNSでMG研修の情報発信をしていますが

それとは別にハガキをお客様に

MG研修のお知らせハガキを

約100社に送っています。



そのハガキを見て

参加してくれる会社様も

多くまだまだ

アナログはバカにできませんよ。


SNSは楽ですけど

僕はフロー型の

赤チップだと思っていて

効果はそれほど

流れてしまうんですよネ~





ハガキや手紙は

ストック型の赤チップで

蓄積されていく可能性がとても

高いって感じています。



今回の長谷園は

ハガキからメールへと

移行をしていきます

当然、経費面から考えると

メールの方は無料でできます

ハガキだと1通63円かかりますから

経費と売上か利益との

バランスを考えた上ので

変更だと思いますが



でも、経費だけを考えると

確かに経費がナシになるのは



いいと思っているんだと思いますが

果たして、来年どうなんでしょうか?

メールを見てどれだけの方が

訪問してもらう得るのか?


メールか

ハガキか

どちらがいいのかは

会社によって違うと思います。





どういった

赤チップが自社にとって

有効かは色々試してみるべきですネ。




そうすると

改善策もたくさん生まれてきます。


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.05.02

困難を乗り越えた人にしか、その景色は見えない。

 652/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  本当にスゴイ



スゴイですね。

以前にも彼女のことをblogのネタとさせてもらったけど

この精神力の強さというか、

諦めない気持ちの強さ。

日本選手権で50メートルバタフライ、

100メートル自由形の2種目でアジア大会の派遣記録を突破。

優勝した3種目はいずれも、白血病の闘病による休養から復帰後では

自己ベストを更新していた。



彼女の水泳に対する執念というか

想いの強さが、きっとこの成績に表れているんだと思います。



順調に全てのモノゴトが進んだ方がいいに決まっていますが

でも、成功している人の多くは

苦難や困難を乗り越えた人の方が圧倒的に多い。

その困難や苦難を乗り越えた者しか分からない境地もあるだろうし



乗り越えた人はとても強い。

これは、人生においても同じコトが言えますが

ひとり社長の経営においても

全く同じじゃないかと思っています。


  想いの強さが結果になって現れる。



水泳もスタートがあって

もちろんゴールがあり

そのゴールに向かって

死力を尽くしていく。



これは、経営でも同じコトで

スタートがあって、ゴールもあります。

(決算ですね)


だからこそ、

経営でも目標が

大切であり


その目標(ゴール)があるからこそ

達成しようと、その方法を考えて

努力しようとします。


なによりも

池江選手は泳ぎたい。

もっと早くなりたい
という強い想いが

あります。



従業員に

仕事に対してそんな

気持ちを持ってもらえるかどうか。

これめちゃくちゃ大切です。



そんな想いを持ってもらうために

ひとり社長の経営に対する想いの

見える化がマストです。

その想いにどれだけ

共感してもらえるかで

仕事に対する気持ちが違うはず。



その想いを伝える手段としても

ひとり社長の理念や哲学が

必要です。



それが明確であり

想いが強ければ強いほど



クライアントにも

従業員にも伝わります。


今すぐに経営理念を

作るべきですし



ある程度日数が

経過しているのなら

見直し、


まだ作っていなければ

ぜひ、作っていきましょう



ただ、つくった時からが

スタート。


理念を作ったからって

全てが思い通りに


なるわけでは

ありません。



様々な困難が

あると思いますが



そんな時に

ひとり社長の

理念があることで



何のために

その事業をしているのか



そんな風に

立ち返る場所が


あるのとないのとでは

全然違います。

従業員との想いの

共有をしていきましょう。



そして、困難に出会ったときに

それを真正面から受け止めて

乗り越えていきましょう。




その時に、自分の理念がつまった

経営計画書が支えてくれるはずです。




それでは、また明日


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.24

その行動には必ず理由がある。知らないことは大きなリスク

 644/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  ランドセル市場は活性化



もうそんな季節ですネ。

そろそろ、いろんなところに

ランドセルがズラッて並ぶんだろうなぁ~


ウチも数年前にランドセルを販売している

こちらで購入しましたが

色んなタイプのランドセルがあって

選ぶの大変でしたけど

最後は、子供が欲しいっていうモノを買いましたが

ランドセル戦線。

かなり加熱しているのを体験しました。


今回の記事は

日本全体が少子化で子供の数が

どんどん人数が減ってきています。

毎年出生する子供の数がそのまま

販売数量(Q)が確定するので


その小さなパイの中で

売上を伸ばしていく必要がありますネ。

そうすると、ランドセルに付加価値を付けようと

研究開発が進み、単価がどんどんあがってくるのは

仕方ないことですよね。




毎年同じだけの数が売れたり

毎年販売数量が増えて行くと

ここまで加熱することは

避けれるかもしれませんが

販売数量(Q)が減るということは

こういった事態を招きますネ。




これは、経営判断にとても

大きな影響を与えるわけですし

ひとり社長としてはこういったことは

知っておいた方がいいですネ。


利益感度分析をすることで

より詳しくこの状況が分かりますよ。

  利益感度分析

今回のような
値上げがどうして必要かは

利益感度分析をすることが

その必要性が理解できます。



利益感度は実は4つありまして。

利益感度とは

Gが0になる状態のことを言います。

稼いだ利益と経費とのバランスで

MGでは、

MQ>Fであれば黒字

MQ<Fであれば赤字

となります。


それぞれの要素

価格(P)

原価(V)

経費(F)

数量(Q)が

どういう状態になっていくか??

それを、ストラックの図でみると

一目瞭然です。

まずは、F(経費)

Fがどんな状態になれば

Gが0になるのか???



もともと80だったのが100になってしまうと

Gが0になります。

つまり、25%上昇することで

利益がなくなってしまうわけですよね。

次に、Vですが

Vは20円がいくらになったら

Gが0になるか??

20円が22円になることで

Gが0になります。

つまり、10%上昇すると

利益がなくなってしまうわけですよね。

だから飲食店でも

原材料が上がったから

価格に転嫁しますって

いいますよね。

つづいて、Q(数量)ですが

10個販売できたものが

8個しか売れなかった時に

Gが0になっていまいます。


つまり、20%ダウンしてしまうと

利益がなくなってしまうわけですよね。

最後にP(価格)ですが

もともと30円で販売していたものを

28円になってしまうとGが0になってしまいます。

つまり、7%ダウンすると利益がなくなってしまう。

たったの7%ですよ・・・

それだけ、価格は利益にめちゃくちゃ影響あるんですよね。

これらの利益感度を鈍い順に並べると

1 F(25%)

2 Q(20%)

3 V(10%)

4 P(7%)

となります。

価格は少し上げ下げするだけでも

利益にめちゃくちゃ影響あります。



それとは逆に

Fを上げ下げしても

利益に対する影響は

実は低いんです。

この詳しいことは

MG研修にご参加くださいネ

Fをかけることを

嫌がるひとり社長もいますが

実は、F掛けるべきなんです。


売れない時に

Pを下げがちですが

この値下げが

利益を失うことだってあります。



ちょっとした

値下げであってもネ。



自社の利益感度分析を

しっかりとすることで

どこに注意したらいいのか

どこに気を付けるべきなのか

ハッキリすることで

戦略・戦術を立てることが可能となります。



言えることは

F(経費)をかけなければ

事業発展はありえません。


それと、価格は利益に敏感です。

下げるのではなくて

少しでも上げてみると

かなり利益に影響があります。



ひとり社長も現状を

ストラックに当てはめてみて

シミュレーションすることを

おススメします。



どういった行動が

会社にとっていいのか??


その答えがでると思います。





それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.22

機会損失をいかに防ぐか。防ぐ方法はコレ。

 643/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  自業自得かもしれませんよ。



名物となっている魚類が取れなくなっている。

日本近郊で起こっている現象。

温暖化が原因だとか言っているけれど

そもそも取り過ぎなんじゃないか?って

単純に思います。

季節になると

漁場に魚介類を取りに行っているだけであって

自然保護のために漁獲量を決めているのかもしれないけれど

産業を保護するために、繁殖を進めることをしているのか?

どうなのかな??

もし、していたらすみません。


ただ、最盛期に売りたいモノがないというのは

機会損失そのものであって

当然、売上も利益も上がってきません。

これって

経営でも言えることがいえます。

機会損失についてのお話です。

  QUPをするには



MG(マネージメントゲーム)で

商品が売れないからって

値下げP(価格)ダウンするのではなくて

どうやったらを上げることができるのか??

そして、決算書に現れてこない

Q(数量)を以下に上げていくのか。

これがとても大切になってきます。

MG(マネージメントゲーム)の講義でも

Qアップの5原則というのを

説明させていただきます。

今回の漁獲量が減って

魚が取れないというのは、

この会社盤でいうと、営業所にモノがない状態。

しかも、売れるたタイミングにもかかわらず

商品がないという状態と同じです。

MG会社盤

これは、在庫バランスが悪いからです。

なので、QUPさせていくには、

在庫バランスを考える。

必要があります。

材料の置き方のバランスが

悪いと売り逃しをしてしまう

つまり、機会損失が起こりえます。

チャンスを逃してしまっているということです。


今回のイカやサバが獲れないのは、

ただ獲るだけでなくて

産業を保護するために、どれだけのことを

これまでしてきたか??

これが大切です。

もし、これまでの長い期間で保護活動をしつつ

魚を獲っていたらどうなっていたでしょうか??

きっと、このようなことは無かったかもしれません。

漁師だけでなくて

他の事業でも充分ありうることで

自社の商品やサービスをTV等で紹介してもらえる

チャンスがあったのに、

それに対応するだけの準備せずにいたので

売り損ねてしまうことって

ありませんか???


ムダな在庫を抱えることは

避ける必要ありますが

商品がTV等で紹介される等の

販売拡大のチャンスが

分かっているのなら


あるいは、分かっていなかったとしても

どんな状況においても

対応できるように

日々の生産体制等は

考えておく必要があります。

その準備はしっかりと行っていないことで

せっかくの

売れるチャンスを逃してしまって

Qが伸びないことにつながり

非常にもったいない。


機会損失をしないためにも

在庫バランスもしっかりと

考える必要ってあります。

しかもそれには

順番があります。

QUPには他にもありまして

1.赤チップ(広告宣伝費)をかける。

自社のこと、自社の商品を知ってもらわなければ

そもそもQは増えていきません。

Qをアップさせたければ、まずは赤チップすることです。

メルマガやブログは充分赤チップになります。

しかも無料で。


2.青チップ(研究開発)をする。

新しい商品や新しいサービスを考え続けていく必要があります。

同じような商品やサービスを提供しているところなんて

山のようにあります。

だから、新しい商品やサービスを生み出す研究開発は続けていく必要あります。

   

ただ、現状の商品やサービスに、かけ算することで新しい商品・サービスに

することは可能です。

3.教育研修(黄チップ)をする。

従業員への教育は絶対に必要です。

事業発展のために

技術を磨くために、資格を取らせてたり

研修会を開いたり。

様々な教育研修は必要不可欠です。


5.最後は気合です。

経営者自身の売りたい!!という

気概がなければ

そもそも売れません。


自社の商品やサービスに

自信があるなら

気合を入れて

売っていきましょう。

遠慮なんてしていたら

もったいないですよ。

ただ、これらは順番が

大切です。


最初から5番の『気合』だけあっても

気持ちが空回りすることも

あるので、

まずは、順番通りに

やってみると

QUPへとつながっていきます。

ぜひ、取り組んでみてください。

私もMGを勉強してから

この順番でQアップをさせています。

特に、昨年から赤チップ(広告宣伝)を

積極的に活用することで

Qアップにつながっている実感があります。


今、研究開発として

これまであったモノのかけ算で

新たなサービスを考えていますので、

さらにQアップしていきます。

ひとり社長もぜひ

この順番で取り組んでもらって

Qアップしてくださいネ。




それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.21

他人との比較されるからこそ、成長がある。

 641/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  誰とも比較されないことってアリか??

『比べない』ために通知表をやめた??
あまり理解できないけどなぁ~

運動会で順位を決めないというのと

同じコトか???

小学校の時はいいだろうけど

中学高校と結局のところ、比較されることだってある。

むしろ、社会に出たら他者との比較は

当たり前にあるし、それは何も成績表だけでなくても


その人の身なりや生活レベルで

比較されることは十分にある。


なのに、ここの校長が

実際に社会に出て、学校以外の

コニュニティーで仕事をした経験が

ないのかもしれません。


学校という小さなコニュニティーの中で

一先生から教頭、校長へと立場が変わっていったとしたら

あまりにも視野の狭い考え方ではないかと

個人的に思います。




これ、経営だとすると

どういう視点になるんでしょうか??

  比較されるからこそ得られるモノがある。



ひとり社長をはじめとする

経営者は常に比較されてませんか?

比較されることで

辛いこともありますが、

それが逆にいいんじゃないでしょうか?




人との比較されることで

発奮するし、負けたくないって

いうエネルギーが湧くんじゃないですか?


毎月弊社で開催させてもらっている

MG研修でも、成績表を壁に貼りだします。

こんな風にネ。

成績が良い人もいれば

そうでない人もいます。

成績が良ければ

紙に貼りだしても嬉しいでしょうが

悪ければ恥ずかしかったり

悔しかったりします。

でも、コレがあるからこそ

次は絶対に負けたくない

次はあの人のようになりたい!!って

思うはず。


私もMGを始めたころは

なかなか成績も上がりませんし

壁紙に書くことさえも

嫌でした。


ですが、何度も

繰り返していくうちに

どうやったら

成績が良い人のようになるのか?

そんなことを考えて、考えて、考えることで

どんどん成績も良くなっていきました。



比較されることで

悔しい思いもしますが

それが、私はいいと思いますし

これが、エネルギーとなってくれます。




あえて、比較される場面に

自分の身をおくことで

自己成長へとつながっていくはずです。




自己成長したい

ひとり社長は、ぜひMGを受けに来てくださいネ。

きっと大きな学びになるはずです。


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.17

売上の構造を知っていますか?そもそも売上なんて・・・

 637/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  学び続けます。

今日は昨日の続きで

エリート養成大学校のセミナーに

zoomでですが参加しておりました。

そこでビジネスモデルを

確立するために

色々と頭から湯気が出るくらい

考えて、考えて、考えて

自分がどうしていきたいのか?

以前、自分の中で決めた

ミッション

現状から逃げ出したいけど、

逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

ビジョン

経済的にも精神的にも“自由”

手に入れることができる人達を創り

パッション

関わる人の無限の可能性を信じ、

徹底的に伴走していく

との整合性があう

ビジネスモデルであるべきであり

そして、ビジネスモデルを考える上で

私のお客様が問題とすることは

一体何なんだろうか??

そんなことを

考えてみました。



お客様の悩みトップ3の中には

売上が思うように上がらないっていう悩み。

があるんじゃないかなぁ

今日はそれについて

書きたいと思います。

  売上の構造知ってますか??



売上がどうも

思うように上がってこない。。

こんな悩みをもっている

ひとり社長も多いのでは??

売上が上がらないには

売上が上がらないという

結果に対して

原因が必ずあります

これは、ひとり社長に

全て原因があるわけではないです。


経営について勉強する前に

独立したり、事業承継したりするしかないからこそ

売上が上がらないって

苦しんでいるじゃないでしょうか??



まずは、

売上の構造を理解する必要があります



売上は

単価×販売数量×リピート率



このどこかが低かったり

少なかったりするからこそ

売上が上がってこないです。



だから、

まずは、ひとり社長の会社の

商品やサービスの

単価はどうでしょうか??

適正でしょうか?

安すぎていないですか??


まず、この単価が自分が希望している

単価と違うだったら

上げるための方策を考える必要があります。



商品やサービスの

売れ行きが悪いのなら

その商品やサービスを改善する必要があります。。

もしかすると

お客様のニーズとはズレていて

求められていていないのかも

しれません。


まずは、その商品やサービスの見直しと

改善が必要です。



そして、

商品やサービスのリピートが少ない場合にも

リピートされないのには

理由が必ずあります。




購入されるのが

1回だけ

来店が1回だけだというのなら

商品やサービスに問題ありかもしれません。



こうやって

売上の構造である

単価

販売数量

リピート率



それぞれを

分解して、一つ一つ

分析する必要ありますネ。




そうすることで

原因が必ず見えてきます。
原因が分かれば


仮説を立てて

改善するしかないですネ。




さらに発展させるためにも

そもそも売上を目標とするのではなくて

粗利総額を目標とすべきです。



売上を目標とすると

間違った意思決定をしてしまう

可能性がめちゃくちゃ高いです。



経営で
本当に目指すべきモノは

粗利総額(MQ)です。。






この話は

また次回・・・










それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.15

販売数量を増やすにもコツがあります。

 635/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  スマホ、スゴ!!

スマホ比率が
12年で90倍!!
こりゃスゴイや~
60代以上のスマホ保有率も81%を超えてますからネ。

ほとんどの日本国民が

スマホへと移行し、所有している状態なんでしょうネ。


ということは

これからの広告宣伝の仕方ももっと

変わってくるかもしれませんネ。


  Q(販売数量)を上げる方法



販売数量を増やしたくないですか?

それぞれの事業によって

Q(販売数量)って違うはず

お客様の数だったり

商品の販売数量だったり


そのQを上げていくには

順番があって

それを

Qupの5原則といいます。


まずは

赤チップ(広告宣伝)です。

いくらいい商品を作って

販売していたとしても

知られていなかった

誰も買ってくれませんし

Q(販売数量)は増えていきませんネ。


次は

青チップ(研究開発)です。

赤チップが進み

ある程度売れ始めてくると

他社がマネし始めてくるでしょう。

その対応としても

新たな研究開発で

差別化が必要ですネ。


更なるQupのためには

在庫バランスが必要です。

せっかく広告宣伝もして

研究開発にも投資しているのに

商品の問い合わせや

買いたいっていうお客様が

来られた時に売る商品が

なければ、機会損失につながります。

それではめちゃくちゃもったいない。

そして

行数。(時間の使い方)です。

MGのゲームでは

各期ごとに

行数が決まっています。

その限られた行数内で

モノを買ったり、作ったり

人を採用したり・・・

色んなことを行っていきます。

1日の仕事の時間の使い方や

1カ月、1年の時間をどうやって使っていくのか?

1日の仕事は8時間

22日働いたとして176時間

1年だと2112時間しかありません。




この時間内に必要なMQを

どう稼いでいくのか???

とても大切なことです。

時間は目に見えないからこそ

意識して大切にしていきたいものです。



最後は、

気合です。

例え、どんなことがあったとしても

気合いを入れ跳ね飛ばすくらいの

勢いは大切です。

ここまで積み重ねてきたのならば

最後は、明るく、元気に明朗であることが

必要ですネ。




このQupの5原則は

リアルな現場でも使えるモノです。

ぜひ、Qupのための

投資への優先順位を

考える参考にしてみてください。




そして、スマホの普及率が上がってきた

昨今では、赤チップの仕方が大きく変わってくるかも

しれませんネ。


とはいえ、田舎では

まだまだアナログなモノは

有効です。


弊社のお客様でも

インスタグラム等のSNSよりも

新聞の折り込みチラシの方が

効果が高いっておっしゃっていました。

どれだけスマホの普及が

進んだといっても

アナログの力って

結構大きいです。

弊社でも

Facebookのイベントや

SNSでMG研修の情報発信をしていますが

それとは別にハガキをお客様に

MG研修のお知らせハガキを

約100社に送っています。



そのハガキを見て

参加してくれる会社様も

多くまだまだ

アナログはバカにできませんよ。


SNSは楽ですけど

僕はフロー型の

赤チップだと思っていて

効果はそれほど

流れてしまうんですよネ~





ハガキや手紙は

ストック型の赤チップで

蓄積されていく可能性がとても

高いって感じています。



どういった

赤チップが自社にとって

有効かは色々試してみるべきですネ。




そうすると

改善策もたくさん生まれてきます。





それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.07

利益感度分析で意思決定が変わる。

 627/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  値上げの嵐


じわじわと押し寄せる

値上げの波

ますます増えてくるでしょうね


根本的に解決しないと

どんどん値上げが続いていくんじゃないかなぁ

原因は原価(V)が上がっているからですよネ。

こればっかりは仕方ない気がします。


当然原価が上がれば

利益に影響を与えるって

分かりますが、それ以外にも

利益に影響を与える項目があります。



それを調べるのに

利益感度分析が有効となります。


  めっちゃ大事な利益感度分析



値上げがどうして必要かは

利益感度分析をすることが

その必要性が理解できます。


利益感度は実は4つありまして。

利益感度とは

Gが0になる状態のことを言います。

稼いだ利益と経費とのバランスで

MGでは、

MQ>Fであれば黒字

MQ<Fであれば赤字

となります。


それぞれの要素

価格(P)

原価(V)

経費(F)

数量(Q)が

どういう状態になっていくか??

それを、ストラックの図でみると

一目瞭然です。

まずは、F(経費)

Fがどんな状態になれば

Gが0になるのか???



もともと80だったのが100になってしまうと

Gが0になります。

つまり、25%上昇することで

利益がなくなってしまうわけですよね。

次に、Vですが

Vは20円がいくらになったら

Gが0になるか??

20円が22円になることで

Gが0になります。

つまり、10%上昇すると

利益がなくなってしまうわけですよね。

だから飲食店でも

原材料が上がったから

価格に転嫁しますって

いいますよね。

つづいて、Q(数量)ですが

10個販売できたものが

8個しか売れなかった時に

Gが0になっていまいます。


つまり、20%ダウンしてしまうと

利益がなくなってしまうわけですよね。

最後にP(価格)ですが

もともと30円で販売していたものを

28円になってしまうとGが0になってしまいます。

つまり、7%ダウンすると利益がなくなってしまう。

たったの7%ですよ・・・

それだけ、価格は利益にめちゃくちゃ影響あるんですよね。

これらの利益感度を鈍い順に並べると

1 F(25%)

2 Q(20%)

3 V(10%)

4 P(7%)

となります。



価格は少し上げ下げするだけでも

利益にめちゃくちゃ影響あります。



それとは逆に

Fを上げ下げしても

利益に対する影響は

実は低いんです。

この詳しいことは

MG研修にご参加くださいネ

Fをかけることを

嫌がるひとり社長もいますが

実は、F掛けるべきなんです。

売れない時に

Pを下げがちですが

この値下げが

利益を失うことだってあります。

ちょっとした

値下げであってもネ。

自社の利益感度分析を

しっかりとすることで

どこに注意したらいいのか

どこに気を付けるべきなのか

ハッキリすることで

戦略・戦術を立てることが可能となります。

言えることは

F(経費)をかけなければ

事業発展はありえません。

それと、価格は利益に敏感です。

下げるのではなくて

少しでも上げてみると

かなり利益に影響があります。

ひとり社長も現状を

ストラックに当てはめてみて

シミュレーションすることを

おススメします。


どういった行動が

会社にとっていいのか??

その答えがでると思います。






それでは、また明日

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.04

ゴルフから学ぶ経営者に必要な2つの能力とは???

 624/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  今日はゴルフ

今日は、ゴルフラウンドに
行ってきました。
昨日まで雨の予想でしたので
ちょっと心配していましたが



なんのなんの
めちゃくちゃいい天気!!

雨ということで
キャンセルも多かったのでしょう。
ほぼ貸切状態でプレイさせていただきました。

こちらのメンバーで
周らせていただきました。

今回が2回目のラウンド

まだまだ全然クラブを振れていないし

改善することばかりで

もっともっと練習が必要だと感じたので

今週また練習行きます。



ゴルフをすることで

経営者に必要な2つの能力を

学ぶことができると感じました。


その2つの能力とは???


  経営者に必要な2つの能力



経営者に必要な2つの能力

何だと思いますか??




それは
①意思決定能力

経営者は限られた状況の中でいろいろな選択をする必要があります。

しかもその意思決定が遅いと

チャンスを逃してしまうかもしれません。

だから、これだ!!と思ったのならば

すぐに決めなければいけません

そして、決めるということは

何かを捨てていることになります。

②環境適用能力

刻々と変化する社会情勢で

その状況に対応していかなければ

経営者として会社を守っていくことはできません。
今回の流行り病でも

その状況に適用できなければ

会社は倒産してしまったところも

あったはずです。


この2つの能力を学ぶために

MG研修を開催させていただいているのですが

この能力を鍛えるのに

ゴルフもいいと感じました。





自然の中でゴルフしますので

晴れていたと思っていたら

曇ってきて、雨が降るかもしれません。


風もふいていないと思っていても

突然突風がふくかもしれません。



そんな風に状況が変わるなかで

どのようにボールを前に進めていくのか?

前に進めるためには

どのクラブを使えばいいのか??

その意思決定が必要となりますし


刻々と状況が変わります。

自然現象もそうですが

自分の気持ち、体力も

どんどん変化します。


ゴルフはある意味メンタルスポーツ

自分の心の状態が

身体を動かします。

そうやって

色んな変化が起こる中で

前に前に進んで行く必要がある。

会社経営と同じような

感じがしています。



私はまだゴルフを

始めたばかりで

新米経営者と同じ状態。


これからいろんな経験を積み重ね

練習もたくさんして

1年で100を切るという目標を目指して

いきたいと思います。




今日のゴルフ

楽しかった~


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.03

学ぶだけでなくて、交流も必要

 623/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  交流会

今日までのMG研修の終わりに

懇親会参加してます。

流行り病でなかなか

集まる機会か減りましたけど

こういった機会はめちゃくちゃ

大事です。

  人との交流



流行り病で飲食店が悪者に

なって早2年。

いつまでも変わらない

状況でも


こんな時こそ

ひとり社長こそ

学ぶコトつづけていくべきです。

そして、学ぶことの重要性は

その研修やセミナーだけでなくて

同じように受けに来ている

メンバーとの交流が大切です。



同じような悩みがあって

その研修を受けているはずなので

悩んでいることの解決に

役立つヒントをもらうことさえあるはずです。


今日までのMG研修でも

成績<期数<交流<向上<効果

と言われています。


それぞれの交流があることで

さらなる向上

さまざま効果を実感することができるのではないでしょうか??

そんな交流会を

今日も楽しみました。






それでは、また明日

           今日の気づき

       ◇人と交流はもっとも大切

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.02

学ぶ姿はめっちゃ美しい

 622/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  ​またMG研修

今日もMG研修しています。

といっても

弊社が主催ではなくてお手伝い

全国各地から54名の方々が

集まってこられました。

こんなにいます。

ご自身で経営されている方や
従業員の方々
色んな立場で参加されています。

どんな立場であれ、
自己研鑽する姿は
とても美しい。
弊社でも研修させて頂いておりますが
いつも思います。

  ​学んで学んで学んで



ひとり社長こそ

学び続けなければならないと

私は思っています。


どんな学びでも

自分が信じたものであれば

イイと思いますが

学び続けて

続けて続けて

永遠に続けていくべきですし

学びをやめてしまっては

全てがとまってしまうでしょう。

これから

学ぶ経営者とそうでない経営者の差が

どんどん開いていくでしょう。

そりゃ〜そうでしょう。

先が分からないときに

今まで通りのことをしていては

今までと同じようになると

思う方が不思議です。

勉強して自己研鑽を続けて

少しでも成長しようとする経営者と

勉強が嫌いな経営者では

この先の結果は

誰が見ても明らか

その点、MGは

自分だけでなくて

参加するみんなと一緒に

学びあうことがてきるので

普通の研修とは

全然違います。

この一緒に学ぶという

ことが学習効果を通常以上に

得ることができます。

ひとり社長

どうしますか?

学びませんか??

それとも学びませんか??


それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.04.01

掃除をする効果。捨てることで流れが変わる。

 621/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  全てはつながっている。

毎週金曜日は今朝も、倫理法人会の

モーニングセミナーからスタート

今朝の講話は

捨てることで、流れが変わってきた。

掃除をすることで流れが良くなってきた


そんなお話でした。

弊社も毎日掃除をして

キレイにしていましたが、排水溝の中は

なかなか手を付けられずにいましたので

beforeの写真はやめておきます。

モーニングセミナーから

帰ってきてから、排水溝の中を

徹底的に掃除しました。


キレイでしょ??

  

afterの写真ばかりで

beforeの写真がないと比較できない!!って

ツッコミがありそうですが、

掲載するには

コンプライアンス??上問題があるので

控えさせていただきました。


  なぜ掃除をするのか??



掃除がなぜ必要だと思いますか?

不要なモノは捨てることは

なぜ必要だと思いますか??



掃除をすることで場(事務所や店舗)が

整ってきます。

掃き掃除や掃除機などで汚れをとり

そして、拭き掃除をすることで

どんどん場が整ってきます。



つまり、仕事を始めるスタートの位置に

立つことができます。



それを、掃除もせずに

いきなり仕事をすると

場が乱れたままとなり

上手く行くコトも

上手く行きません。



当然、流れもよくなることは

ないでしょう。



それを、仕事を始める前に

掃除をすることで

全てがリセットされて

スタートのラインに立つことが

できるのです。



不要なモノを捨てる効果は

たくさんあります。



まずはその不要なモノが入っていた場所の

スペースが空くことで

必要なモノが入ってくる準備ができます。



いつまでも不要なモノが

あることで、流れが停滞しますし

新しいモノが入ってこようとしても

入ってくるスペースがなければ

新陳代謝は起こることはありません。



だから、不要なモノは

さっさと捨てるべきです。



常に空間を作っておく

仕事の量も

スケジュールもパンパンでは

行動に余裕ができません。




ですが、8割くらいで

スペースに余裕を空けておくと

行動の意思決定も早くなりますし

お客様への対応も

どんどん早くなっていきます。



これは、私が

倫理法人会の会長を務めさせていただいていた時に

感じたことですが

モーニングセミナーの運営会場を

最初は小さな部屋で行っていました。





でも、私自身が窮屈なところが

きらいでしたので、

会長就任と同時に

当初の会場から4倍くらい広い会場へと

移すことにしました。




その結果

参加者も倍以上となり

会員数も倍となり

念願の100社を達成することにも

つながりました。




この経験から

事務所は広いところと

考えていたので、





今までは自宅の一室

2畳くらいのスペースで

仕事をしていましたが




今では、その何十倍の広さの事務所を

借りて仕事をさせていただいております。




その結果、研修を開催することができたり

色んな方々に来所してももらいやすい場に

なってくれたおかげで仕事がとても

しやすくなりました。





ある程度のバッファ(余裕)を

常に持っておく。





これ、事業を進める上での

鉄則かもしれません。





なので、棚の不要となった書類を

一気に捨てる意思決定をしました。



これだけあった書類の数



こうなりました。

ほとんど不要なモノばかりでした。




来週も不要なモノは

捨てていきます。




それでは、また明日


今日の気づき

◇不要なモノはすぐに捨てる。

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.28

賃金UPが全てなのか??

 617/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  経済格差が広がっているようです。

経済格差が広がっている
こんな記事を見つけました。



確かに平成に入ってから約30年以上も

賃金が上がっていないって

聞いたことあるし、閉塞感も一杯



経済格差を縮める為に

賃上げさえすればいいのか??

ひとり社長としてどう思いますか??

  ひとり社長も頑張っています。




私個人としては

賃上げしたら全て解決ってならないと

思いますが

上げることができるのなら

上げた方がいいに決まっています。





世の中全てとは言いませんが

人件費を少しでも

抑えようと、

あれやこれやと思考錯誤している

経営者の方もいらっしゃいます。



凄く気持ちもわかるし

会社の経費の中で

一番大きいのが
従業員の給料(F1)だからです。



その会社の経費。

経費って一言で言っても

実は、5つに分けることができるんです。

会計で出ている用語といって

売上とか、利益とか、経費とかを全て

要素で表します。


モノの販売単価のことをP

販売数量のことをQ

売上のことをPQ

原価のことをV

利益のことをG

そして、今回の従業員の

給料を含む経費のことを

Fで表します。


そのF(経費)は

5つに分けることができ

F1~F5

F1   給与

F2   経費

F3   金利

F4   戦略費

F5   減価償却費

この5つです。


会社の状態が悪く

支出を減らすのなら

まずはF2(経費)の中から

無駄なモノを削減が必要です



そして、F3(金利)が多いのなら

金利の支払いを少し待ってもらえるのなら

待ってもらう。

いわゆる、リスケですよね。

これは、金融機関との話し合いですから

普段からの付き合い方が

現れますネ。



F4(戦略費)については

会社の売上が悪いからって

新しい商品を産み出そうとする

研究開発や

自社や自社の商品サービスを

知ってもらうための宣伝広告費

従業員のレベルアップのための

教育研修費

これらF4は、会社の状態が悪いからって

削減する経営者もいますが

ここを削減することで



逆に、売上も上がらないし

会社を苦しめることになります。

この辺は

MGやってもらえれば分かりますよ。


損益計算書の

販売管理費中の

従業員の給与をいじれば

どれだけ利益に反映するかは

計算すればすぐにわかります。


ココ(F1)が下がれば

経費が下がって

利益が少しでも増えますしネ。




そう考えるのが

決算書(損益計算書)を見た経営者の

世間の認識



決してその経営者が悪いんじゃありません。


でも、決算書には決して表れてこない

人の感情であったり、経営者の想いは

その数字に直接表すことはできません。


数字に決して表れない部分を

どうやって結びつけていくのか??

F1を下げようとするのは

全体を見れていない証拠です。



適正なF1は上げていく努力を

経営者はすべきですが、

これだけで世の中全体が良くなるとは思いません。




ですが、

社会情勢的に厳しい面があるでしょうけど

まずは、一緒に働いてくれる。

会社のために人生の時間を使ってくれる

従業員のために、たとえ僅かでも

F1を上げる努力をしていきましょうよ。




これが、社会を良くするために

必要なことなのかもしれません。



我々、ひとり社長としては

自社を良くすることが

その地域を良くし

そして、日本全体が良くなっていくんだと

思いますし



その役割を担っているのだと

思います。



少しでも一緒に働く従業員に対して

F1のUPを考えている

ひとり社長のもとでは

働く従業員は一生懸命働くでしょう。




お金が全てだとは思いません。

ですが、お金は大切です。



労働の対価としては

金銭しか表すものがありません。


F1を沢山支払っていけるような

経営体制をひとり社長も整えていきましょう。





それでは、また明日

                 今日の気づき

◇現状を打破するのはひとり社長一人一人の力の結晶

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.27

親子MG参加者の感想

 616/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  親子MG2日目

本日は昨日の続きで

親子MG2日目

と言っても

今日は子供の参加が1名なので

通常のMGと同じような

感じでしたけどネ。


それでも

学びは深かった


今日は、参加者の感想を

お伝えしたいと思います。

  参加者の感想



参加したお子様の感想

〇初めて参加して分からないことばかりだったけど

 分かる部分おあったので、とても楽しかったです。



〇最初MGに参加した時は決算がイヤだったけど

 今回は決算をひとりでできて、キライではなくなりました。

 自己資本も300を超えて、目標を達成して、嬉しかったです。


〇自分が上手くいかない時に、『もっとこうすればよかった』と

 ありましたし、自分の環境でどう売っていくのかを

 考えていくべきだと思いました。

〇これまで参加したMGでは、『その場の流れを読んで臨機応変に対応するのを

 鍛えるためのモノ』という認識でしたが、戦略をしっかりと組む発想を持っていませんでした。

 第4期が終わった後にどうのようにしていたいのかを

 考えて、そのためにどのような行動をしたらいいのか?

 経営計画を反映させる重要性を体感でき、大きな学びになりました。


〇色んなことにチャレンジし、自己分析をもっとしていきたいと思います。

 自分の予想以上の結果ができたので良かったです。

〇初めてで、分からないことばかりでしたが、少しは理解できました。

 もっと、意思決定のタイミングを勉強して、すこしでも

 プラスにできるようになっていきたい。     etc・・・



参加者それぞれに気づきがあり

感想があります。



今日も学び深いMG研修でした。





それでは、また明日



今日の気づき
◇MG研修は気づきの宝庫

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.26

共通言語がコミュニケーションを深めます。

 615/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

ダウンダウンダウンダウンダウン

  第4回親子MG

本日はMGはMGでも

親子MG
文字通り親子でMGやっております。

といっても

今回は子供の参加が少なかったので

若干大人が多いですけど

子供に翻弄される大人が面白い・・・笑

なぜ、親子でやるのがいいのか??

これは、ひとり社長と従業員で

MGをするのと同じ何ですよね。

  共通言語が大切です。




社内で

共通言語作っていますか??

共通言語が一つでもあることで

コミュニケーションの深さが違います。



MGだとPQやMQ

F やG 

リスクカードや完成投入 etc・・・


そういった言葉一つが

共通言語となって

例えが笑いになったり

仲良くなる要素が満載です。


会社で共通言語お持ちですか??

どんなことでもいいので

共通言語を作っていきましょう。



当社では、MGと倫理法人会がベースとなっていますので

それをベースに話をすることで

意思疎通がめちゃくちゃ早くなりました。



社内での数字は

全てMGでの用語ですし

倫理法人会での

万人幸福の栞が

日々の行動の指針となっています。



これだけで

意思決定のスピードが

確実に上がっていきます。




ひとり社長の会社でも

共通言語作っていきましょう

確実に意思決定のスピードが

上がりますし、コミュニケーションの深さも

変わってきます。。

今回参加した

うちの娘もMGがさらに

好きになったようで・・・



でも、お菓子ばかり食べています。(;^_^A





次回親子MGには

絶対に参加するって

宣言していました。



将来が楽しみです。




それでは、また明日




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.25

逆算思考で人生を必要なモノを手に入れろ!!!

 614/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

  商標登録完了



やっと商標登録完了しました。

長かった~ぁ

提出してから1年ですからネ。
事業を大きくしていくときに

もしかすると

商標でつまずくのは
リスクが大きすぎるので

取りました。


最終的なゴールをイメージしているので

そのゴールテープを切るには

必要な行動だったと

思っています。


とはいえ

まずは、三重県で

どれだけのシェアを取ることができるか??

それが重要ですが

そのゴールイメージも

持っています。


  逆算思考




ひとり社長で事業を

運営していく上で大切なのは



どんな時も

諦めず、自分が決めた目標を

達成しようとする

覚悟がどれだけあるかどうか。


この覚悟がとても大切です。

そして、その目標を達成しようとするために

経営計画を設定する時も同じですが

ゴールをしっかりと決めて

そこから逆算でモノゴトを決めていく。


この逆算でモノゴトを考え

今何をすべきか??

そのことを考えることによって

本当に達成したいことであるならば

覚悟が決まるでしょう。



覚悟が決まらないようなことは

きっと心の底から達成したいと

思っていないはず。

目標設定するには

まずは、ゴールを決めましょう。

そこから全てが始まります。


さらに、経営で

目標設定いえば

PDCAサイクルって

ありますよね。



P・・・ PLAN 計画

D・・・DO 行動

C・・・CHACK 確認

A・・・ACTION 改善


それぞれの頭文字をとって

PDCAって言っていますが

計画策定の段階で

どこをゴールにしているかで

その行動が変わってきているんだと

思うし、


そもそも

PDCAサイクルでは

最初の計画段階で




スタートからゴールまで

決めてしまうので

世の中の大きな変化に対応することが

できないんじゃないでしょうか



変化に対応できないために

意思決定がどんどん遅くなってしまう

その悪循環にいるような気がします。




これは経営でも同じだと思います。

この大転換の時代に

PDCAサイクルでは

乗り越えることができません。



どうすればいいのか?

現在は

行動していく中で

計画そのものを変えていかなければ

ならない場合がとても多いです。



計画通りに行動していくことすら

できない可能性があります。

つまり、変化が大きすぎるぅぅぅぅ

PDCAの代わりに

PDS

を使ってみてはどうですか??

PはPLAN(計画)のPではなくて

準備(Preparation)のP

つまり、事前に計画を立てません。

Dは同じで DO(行動)

SはSEE(眺める)のS



つまり、

目標は何か?

どうなりたいのか?

そのために必要な

準備を最初に全て出しておく。

そしてのその準備を具体的に

行動に落とし込んで

実際に動いてみる。


その結果を検証するために

結果を眺めて

改善の必要があれば

もう一度その改善のための

準備をする。

そして

行動。




この繰り返しで

意思決定のスピードが

どんどん上がっていきます。



簡単な例で

新しい事業を考えているとします。

新たな飲食店を開店させようとか・・・

(流行り病だけど・・・)

最初の段階で飲食店開業して

月100万円を目標とします。


この目標達成のための

準備を考えます。

どんな飲食店を開業してみようとか

必要な許可等はないのか?

流行り病だからECサイトのみの店舗にしてみよう・・・etc


そして、その上げた準備を

実際に行動してみます。

飲食店開業のための

行動を実際に行ってみます。

その結果どうだったか??

月100万達成できたら

同じような行動をしていきます。


もし目標数値を達成していたら

その行動は正しかったでしょうし


もし目標数値が達成していなかったら

もう一度

準備すべきことを変えてみる。


例えば売上が80万円だったら

何が問題だったのか??

その問題点を一つ一つ

検証してみます。



変化に対応すべきことをもう一度

準備してみる。

新たな販売チャンネルを持ってみるとか

HPを改善してみるとか

こうやって

小さなサイクルを

どんどん回していくことが

とても大切なじゃないかと

思います。

小さなサイクルの方が

世の中の変化に対応することができるでしょうし

TOC研修の言葉ですが



大きな山は小さく崩せ



問題点があったら

それを細かく小さくしてみることで

解決策を考えてみる。


大きな目標を持ったら

その目標を小さく小さく

分けてみる。



これからは

短期集中して、問題点改善に

すぐに対応していき



小さな成功を積み重ねていく方法の方が

現在の状態にあっているのではないでしょうか。

PDSを回していきましょう。

私もやっていきます。


それでは、また明日


今日の気づき
◇逆算で考えてみよう




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.22

モノの値段の上昇が止まらない!!そのからくりはコレ!!

 611/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


  価格上昇が止まりませんネ。



スタバもとうとう値上げ!!

色んなモノの値段が上がっていますネ。

この流れは誰にも止められない感じでしょうか・・・

ライフラインの値段もどんどん上がってしまいますネ。

この傾向はこれからますます

拍車がかかっていくのかもしれませんネ。

それに輪をかけて

電力需給がひっ迫していて

節電を呼び掛けているとか・・・

この先どうなっていくのでしょうか??

原材料が高騰すると

どれだけ会社の事業に影響があるのか??



原材料費が上がれば

当然利益が下がってしまうことは

誰にでも分かることですが



これをもっと明確に

利益感度を調べる方法があります。


それを、利益感度分析っていいうのですが

利益感度は4つあるんですよ??

知っていましたか???



  利益感度知ってますか??



値上げがどうして必要かは

利益感度分析をすることが

その必要性が理解できます。


利益感度は実は4つあります。

利益感度とは

Gが0になる状態のことを言います。

稼いだ利益と経費とのバランスで

MGでは、

MQ>Fであれば黒字

MQ<Fであれば赤字

となります。


それぞれの要素

価格(P)

原価(V)

経費(F)

数量(Q)

どういう状態になっていくか??

それを、ストラックの図でみると

一目瞭然です。



まずは、F(経費)

Fがどんな状態になれば

Gが0になるのか???




もともと80だったのが100になってしまうと

Gが0になります。

つまり、25%上昇することで

利益がなくなってしまうわけですよね。

次に、Vですが

Vは20円がいくらになったら

Gが0になるか??

20円が22円になることで

Gが0になります。

つまり、10%上昇すると

利益がなくなってしまうわけですよね。

だから飲食店でも

原材料が上がったから

価格に転嫁しますって

いいますよね。

つづいて、Q(数量)ですが

10個販売できたものが

8個しか売れなかった時に

Gが0になっていまいます。


つまり、20%ダウンしてしまうと

利益がなくなってしまうわけですよね。

最後にP(価格)ですが

もともと30円で販売していたものを

28円になってしまうとGが0になってしまいます。

つまり、7%ダウンすると利益がなくなってしまう。

たったの7%ですよ・・・

それだけ、価格は利益にめちゃくちゃ影響あるんですよね。

これらの利益感度を鈍い順に並べると


1 F(25%)

2 Q(20%)

3 V(10%)

4 P(7%)


となります。

価格は少し上げ下げするだけでも

利益にめちゃくちゃ影響あります。


それとは逆に

Fを上げ下げしても

利益に対する影響は

実は低いんです。

この詳しいことは

MG研修にご参加くださいネ

Fをかけることを

嫌がるひとり社長もいますが

実は、F掛けるべきなんです。

売れない時に

Pを下げがちですが

この値下げが

利益を失うことだってあります。

ちょっとした

値下げであってもネ。

自社の利益感度分析を

しっかりとすることで

どこに注意したらいいのか

どこに気を付けるべきなのか

ハッキリすることで

戦略・戦術を立てることが可能となります。

言えることは

F(経費)をかけなければ

事業発展はありえません。

それと、価格は利益に敏感です。

下げるのではなくて

少しでも上げてみると

かなり利益に影響があります。

ひとり社長も現状を

ストラックに当てはめてみて

シミュレーションすることを

おススメします。


どういった行動が

会社にとっていいのか??

その答えがでると思います。






それでは、また明日

            今日の気づき

     ◇利益感度分析で事前に対策を







お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.20

MG研修は気づきの宝庫!!受けなければ損します。

 609/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


  MG2日目。

今日はMG研修2日目



毎月1回MG研修を開催しているのですが

今日も学び多い1日になりました



それぞれ参加された方々が

それぞれ目的意識をもって

参加しているので

今後の効果がきっと

違うと思います。

今日は講義と

自分がどこに進みたいのか

経営計画をしっかりと立てて

ゲームに臨んでもらいました



個人的にも

会社でも目標が大事です。



  事業計画書で目指すべき方向性をハッキリと


事業での目標

会社はどこに向かっていくのか??



それを見える化したのが

事業計画書です。

世の中では

流行り病(煽り病)で

めちゃくちゃ混乱していて

このまま受け身のままでは

昨年と同じように流されてしまう1年になってしまいますネ。、



まだまだ

本当の意味での

収束には程遠い感じですが



ただ、我々は

立ち止まっていられません。


事業を前に進めて

いかなくて

ならないです。


そのためにも

ひとり社長の

理念を再確認してみるは

どうでしょうか?


一度作ったら

変更しないというのは

違っていると思います。


事業を続けていく中で

色々と想いは変化して

くるはず。


そうすると

一度作った

経営理念も大きくは

変わらないかもしれないけど

変化していくはず。。





ちなみに

私が自分の事業を

考えたときに

自分の想い

パッションは


常にクライアントの

伴走者たれ!!




でしたが、



ベースは同じですが

今は、少し変化して


関わる人の無限の可能性を信じ、
徹底的に伴走していく




関わらせていただいた

クライアントの事業が

発展していただくこと


これにつきます。


そのためには

クライアントの伴走者として

できることを

考えさせてもらっています。




理念にあることで

自分の方向性が

ハッキリしますし



やるべきことが

明確になります。



ぜひ、2022年が始まったこの時期に

1年の始まりに
考えてみても

いいかもしれませんね


それと同時に

事業計画、経営計画も

作成してみてはどうでしょうか?


法人であれば

決算期の関係もあるので


1月に今年の事業計画を

立てるのはズレてしまうことが

あるかもしれませんが


もし、事業計画を

立てていないのではあれば

是非、立ててみてください。

これだけ

変化の激しい時だからこそ

自社の進むべき方向性を

文章なり、

特に数字で

表すことで、明確になります。




数字は厳しい面も

ありますが

正直です。

目標をPQ(売上)を1億円と

決めて事業計画書

落とし込んで

事業活動をしていくのと

ひとり社長の頭の中だけ

PQ(売上)1億円を考えて

事業活動していくのでは

途中の計画の見直しも

できませんし



振り返ることもできません

ので、結果がきっと

違うはずです。




私も実験として

年間売上を稼ぐために

右手に理念


左手に経営計画書

今日も気づきの多い

MG研修でした。


それでは、また明日







お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.19

毎月恒例のMG研修開催しております

 608/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


  今日もMG研修しております


今日は、毎月1回開催の弊社MG研修です。
今回は1卓での開催ですが

中身の濃いモノにできればと思っています。

実は、来週もMG研修 (;^_^A

親子でMGをしようということで

親子競い合ってもらいます。



そんなこんなで

毎週のようにMGをしているわけですが

これは、筋トレのようなもので

やればやるほど、少しずつ

経営に対する体力がついてきます。
確実に・・・


  MGで経営の基礎を学びましょう。


儲けたれば勉強です。

勉強しなければ

継続した儲かる体制を作り上げることは

できません。



小手先のテクニックを

どれだけ覚えたとしても

その時は良かったとしても



今回のような

流行り病(煽り病)のようなことが

発生した場合には

通用しなくなり



また、新しいテクニックを求めることに

なるはずです。




そんなことを

どんだけ繰り返したとしても

長い期間儲かる体制にすることは

難しいのではないでしょうか??




それよりも

即効性がないかもしれませんが

基礎的な勉強を繰り返していくことで

その体力をつけていくことで

あらゆる事態に対応することが

できます。



そんなことを

MGを通じて感じますし

実際に何度も何度も

研修を主催したり、

自分でもゲームに参加することで

それを体感することができます。



MG研修をしている中で

私個人的に一番好きなのは

決算をしている参加者の姿です。



ひとりでもモクモクと数字と

格闘しているのもいいのですが

それを教えあっている姿はとても美しいと感じていますし

とても好きな時間帯です。


上を目指すという意味では、

ゲームで優勝しようと思うことは

大事なことですが、
それよりも、決算をして

最後まで終わらせていくことの方が

勉強になります。



研修も明日も続きます。
何か一つでも

気づきを得てもらえればいいと

思ってインストラクションしていきます。






それでは、また明日

           今日の気づき

     ◇MGで経営の基礎体力をつけます





お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.18

その経験はいずれ自分の武器となってくれます。必ず・・・

 607/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

  講演会参加しました。

昨晩は

倫理法人会主催の倫理経営講演会に

参加させていただきました。

今年のテーマは

『経営力を磨く』

~求められる経営者の資質~

でした。

今回も気づきの

多い講演会でした。


経営者としての

過去の色々な経験をお話していただき

様々気づきをいただきました。




めちゃくちゃ参考になりました。



  ひとりの経験も大切だが、他人の経験から学ぶことがある。



ひとりの経験は

たかが知れてます。


一つの経験しかないよりも

色んな経験があった方が

人としての深みも出ますし

その経験が自分の強みへと

なっていくのではないかと思います。



経験は買ってでもしろって

言いますけど、本当にそうだと思います。
一つ一つの経験が

自分の強みと化してくるのが分かります。



弊社主催の

毎月1回のMG研修ですが

このMGでも

色んな経験をすることで

自分が取り組むゲームの内容の

幅が変わってきますし




色んな状況から
上手く行かなくても

それまでの経験で

乗り越えていく術を

身に付けることだってできます。




そして、このゲームでの経験が

自社での取り組みに応用することだってできます。


単なる研修では

自社への落とし込むのは

なかなか難しい。



ですが、MG研修では

今すぐ使えるものばかりで

自社をどうやって

動かしていくのか??

そして、どうやったら会社の利益を出すことができるのか?

そんなことを

考え、行動に移すことができます。





明日もMG研修弊社で開催です。

翌週は親子MGです。

とりあえず、MG三昧な1カ月を過ごしています。アセアセ

このMGを通して

会社を良くしたい、事業を発展させたい

経営がいまいちよく分からない

という方の必ず助けになってくれると思い

続けています。



そして、さらに

創業者や創業して間もない方々

経営者としてさらにレベルアップをしたいと思う方向けに

弊社である講座をスタートさせます。




その名も

ひとり社長塾(仮)

本格活動は来年ですが

6月から幻の0期をスタートさせます。

MG研修やTOC研修

自社の現状把握

自社の強み

事業計画作成 etc・・・

通常は1年かけて

塾を開催するのですが

幻の0期ということで

6か月でギュッと詰めこんで

やってみようと思い、



現在、プログラム作成中です。


ご興味のある方はご連絡お待ちしております。
こちらへ登録していただき、メッセージお願いします。

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン






明日、MG研修で

色んなことを伝えていきたいと思います。



それでは、また明日

今日の気づき

◇経験は強みに変わる。






お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.17

数字で大いに語ろう!!

 606/730

今日も読んでいただきありがとうございます。



私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


  数字怖いですか??



ついつい気になって

買ってしまった。

先日の広島行くときのお供にと

思ったけど、間に合わなかったので

これから読み進めます。

少し読んでみましたが、
経営を行う以上
『数字』に対して目を背けることが
できませんよネ。


数字を言われることが
嫌だっていう方多いですが
でも、真正面から立ち向かっていくしか
ありません。


創業した瞬間から社長として
色んな数字に向き合う必要があります。


事業承継をした方でも
今までは先代が数字との格闘をしていましたが
今度は自分が数字に立ち向かっていく必要があります。


経営は数字で作られているといっても
過言ではありませんし



色んな数字が重なり合って
事業が進んでいるんですよネ。




事業を行う上で
一番気にあるのが
売上(PQ)ではないでしょうか??



ですが、本当に大切なのは
売上ではなくてMQ(粗利総額)です。
今回はその理由を書いていきます



  売上は意味がない??



事業を進めていく上で

大切な数字はたくさんありますが

特に大切なのは、MQ(粗利総額)です。

PQ(売上)ではありません。



それはなぜか??

以前のblogにも書きましたが


PQ(売上)目標にしていると

間違った行動を

従業員がしてしまいます




売上を上げることは

とても分かりやすい行動であり

結果をだすと

上司からも周囲からも

賞賛されることでしょう。




でも、売上を目標にすることは

絶対的に間違っていますし

会社を間違った方向へと

導きかねません。




会社の目標数字は

PQ(売上)ではなくて

MQ(粗利総額)目標へと

早く切り替えていくべきです。




MQ=F(経費)+G(利益)です。
このMQ最大化を目指していくのが

会社運営で最も大切なことです。


会社の形を図表で表すと

こうなります。

PQ=VQ+F+G



Pは販売価格

Vは原価

Mは粗利

Qは販売数量

PQは売上

VQは原材料費

MQは粗利総額

Fは経費

Gは利益

となります。

何度も言いますが

大切なのは

PQではなくてMQ


このMQ最大化をするのが

経営にとって一番大切となります。


会社の黒字は

MQ>F

経営を行う上で

掛かった経費よりも

粗利総額が多ければ

黒字です。


それとは逆に

赤字は

MQ<F

粗利総額よりも

経費が多い状態です。

MQはM×Q

↑の図表によると


P1,000円のモノを

V400円で仕入れるので

1個販売するとM600円儲かります。

それが何個Q売れたのか?

ということです。



M600円をQ10個売れたので

MQ6000円。

10個販売するために

掛けた経費Fが5000円

だとするとG1000円の利益。


売上PQばかりみていると

経営判断を間違ってしまいます。

それはなぜか?


10個販売するために

掛った経費FとMQとの差によって

黒字、赤字となります。

ということは

1個当たり販売することで

儲かるMがどのくらいになるのか??っていうのが

大切となりますネ。



同じ売上PQでも

MQが違えば

例えPQが低くたって

MQが高ければ

黒字になることもあるし

PQが高くても

MQが低ければ

赤字にもなります。

とても単純なことですが

実はとても大切な部分ですよ。





それでは、また明日。

※「企業方程式」は、

これを考案開発された西順一郎先生の会社、株式会社西研究所の登録商標です。

P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。


それでは、また明日



                              今日の気づき                                 

           ◇数字で語ろう





お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.16

ひとり社長!!今日もビジネスを創りましょう。

 605/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


  ひたすら考えます。


今日は、昨日の続きで

自社のビジネスモデルの構築のために

昨日から引き続き広島におります

自社のことを

色々考える時間をいただいているので

この先に自社、自分がどんな道を進んで行くのか??




そんなことを

自問自答したり

一緒に参加している仲間の方々の

力を借りて取り組んでおります。



ビジネスモデルとは

自社のビジネスが、

誰に(Who)、

何を(What)、

どうやって(How)、

付加価値を提供し、

収益を得るのかが盛り込まれたビジネスの仕組みのことです。


商品やサービスなどの付加価値の提供と、

それによって得られる収益の獲得の仕組み化したもので




あらゆる企業にとって、優れたビジネスモデルを構築することは

持続的成長を実現するために必要となってきます。



このビジネスモデルを作る上で一番大切なのは

自分自身の強みを知り

その強みに共感してくれるお客様の存在が必要です。



そのためにも、これまでも何度も書きましたが

ビジョン

ミッション

パッション

が欠かせませんネ。

このベースがあるからこそ

ビジネスモデルに血が通ったモノに

なるというものです。



  共に成長したい





ビジネスモデルを作成する前に

無い頭を使って考え、考え、考えていました。




そこで感じたことは

お客様が何に困っていて

何を求めているのか??



お客様の立場になって

考えてみる。




お客様は何に困っているのだろうか?

どんなことに悩んでいるんだろうか??
そんなことをひたすら

考え妄想しておりました。



私が妄想したのは、

ひとり社長が経営者として

夢や希望を持ち事業を立ち上げたにもかかわらず

経営に関して、よく分からないまま進んでしまっている方や


先代から引き続き事業を目の前の仕事に追われて

経営というモノを考える余裕さえもなくなっているな方



または、そもそも経営とはなんなのか??

それすら分からないような方

そんな方々が

今回の流行り病(煽り病)によって先行きがこれまで以上に

不透明になりつつあって、



経営者が自ら経営に関する学びを深めなければ

家族や従業員が露頭に迷う。

夢や希望があったのに全てを失ってしまう。

他人にも大きな迷惑をかけてしまう。

そんな風には絶対になってもらいたくはない


そのために

年間101社の経営者とお会いする中で

気づいたことや、MGでの学び等を通じて

未来へ意思決定の実現にコミットさせてもらう

その中で、自分がお客様に対して

どんなことを商品やサービスにして

提供することができるのか??



それを本当に

喜んでもらうことができるのか??




そんなことを

ひたすら考えていました。



あえて、2日間使って

そのことを常に考え続けて

完璧ではないけれど

ビジネスモデルらしきもの



ある一定の方向性みたいモノが

はっきりとしてきたように感じます。



これをまだ時間が足らないので

自分自身で深堀り

お客様に満足してもらえるような

商品やサービスを提供していきます。

その中身として

以前にもこのブログで書いたかもしれませんが

『ひとり社長塾(仮)』を

今年中に開催します。

ひとり社長が経営者として

夢や希望を持ち事業を立ち上げたにもかかわらず

経営に関して、よく分からないまま進んでしまっている方や


先代から引き続き事業を目の前の仕事に追われて

経営というモノを考える余裕さえもなくなっているな方



または、そもそも経営とはなんなのか??

それすら分からないような方

これらに当てはまる

ひとり社長は、是非参加してみてくださいネ。




この塾に参加される方々と

一緒に成長し、お互いに相談できる

コミュニティを作っていきます。


そして、共にビジネスを成功させて

自分の掲げたGoolへと突き進んでいきましょう。



しかし、

広島に来ると

必ず購入する『がんす』

安定感抜群です。

今日も買ってしまいました。






それでは、また明日


今日の気づきひとり社長の意思決定にコミットします。







お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.13

会社の進むべき方向は事業計画書にあります。

 602/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

  知的散策は面白い



昨日も書きましたが

MG研修で大阪来ておりまして
県外に研修に来た時には


朝、散歩して

その地域を味わっています。

image


日本一低い山の天保山 

登頂成功!!

image


山頂がなんと

4.53m


image



今日もMG研修で

学んでいこうと思います。


  経営計画書が必要です。



2日目は、経営計画を立てることから

始まります。



経営者としては

どのような方向になるのか

それを明確にするのが

経営計画となります。



その計画をしっかりと

作ることで

自分たちが進んで行く方向が

定まります。



行動計画がちゃんとしているだけで

周囲との」差別化をはかるこtができます






めちゃくちゃ

大事なことで



この会社はどこへ

向かっているんだろうかと

従業員に示す必要があります。



そのためにも

事業計画は大事であって

必要なモノとなります。。



自分一人だけで

事業をされているひとり社長も

是非、事業計画書を作成していきましょう。



自社が進むべき方向性が

きっと明確になります





それでは、また明日

今日の気づき事業計画書を作りましょう。






お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.11

値決めは経営者の最大の仕事

 600/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話



  素晴らしい取り組みです。

苦難の後には

必ず光明歓喜の世界が広がってくる。

こういった取り組みは最高で

ワクワクします。

このくらい強気の価格設定は絶対に必要。


経営者にとって

とても重要な仕事と言えば

価格設定。

自分達の商品やサービスを

いくらで提供するのか??


事業運営に大きく影響してきます。
このくらい思い切った価格戦略は

絶対にアリ!!





  値決めは経営者の最大の仕事


値下げは麻薬であって

可能な限り値上げをしていくべきです。



値上げこそ

会社の経営を安定化させていく

大きな方策ですからネ。

逆に値下げについて

どんな影響があるのか

図で表してみたので

一緒に考えてみましょう。


問題!!(ジャジャン!!)



ひとり社長のAさんが

ある商品Xを1個1000円で売っていました。

商品Xの仕入れ値は400円

今月はそれを10個売れたとします。

それを図に表すと下のようになります。

1個1000円のモノを

10個売れたので

PQ(売上)は10,000円

原価は1個400円で10個

売れたので

VQ(原価)4,000円




すると

MQ(粗利総額)は6,000円

商品Xを売るために

掛かった経費(F)が5,000円とすると






利益は1,000円

となります。






これは分かりますよね??








では、Questio1です。ひらめき電球

売値1,000円を900円に値下げしました。ダウンダウンダウン

つまり、10%ディスカウントしたわけですよ。

この時Gはどうなりますか???

わかりますか???ウインク


考えましたか???滝汗




降参ですか???笑い泣き







答えはこちら!!

利益は0円

になります。

なっ!なんと

たった売値を10%ダウン

させただけなのに

利益は1,000円から0円に

なっちゃうんですよ。!!






末恐ろしいことですよね。

とんでもない事実なんです

これ。







では

Question2

逆に売値を1,000円から10%UPの

1,100円に値上げしたらどうなりますか??アップアップアップ

わかりますか???グラサン









考えましたか???グラサン









考えなくて本当にいいんですか?ニヤリ








スクロール早いですよ。ガーン







答えは

G(利益)は倍の2,000円

なっちゃうんですよ。


たった売値を10%UPさせた

だけなのに



利益が倍!!


これってすごくないですか??





値上げの効果ど同時に

値下げの怖さ分かりましたか??





たった数%さげるだけで

利益にかなりの影響があります。



つまり、値下げをした先にある

GOALは恐怖でしかないってコトなんです。


モノは売れるかもしれないですけどネ。

一種の麻薬みたいなモノですよ。

値下げはネ。


それで、一度値下げしたら

値上げはよっぽどこのことが

ない限り難しいでしょうネ。





なので、

普通いちご

ワンパック300円程度のものを

一粒1,000円で販売。



確かにこれまでよりも

販売数量(Q)はダウンするでしょう。



でも、それ以上に利益MQは

上がっていくはずです。





商品やサービスに付加価値をつけて

高価格帯で販売していく戦略を

とったわけですネ。





今後このイチゴが

どうなっていくのか??


めちゃくちゃ注目ですネ。

しかし






食べてみたいです。


事業体がどうなっていくのか

注目ですネ。





たくさん売れるといいなぁ~



それでは、また明日。

今日の気づき値決めは経営者の仕事。






お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.08

ワクワクしていますか??創業当時のことを思い出してください。

 568/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


  ワクワク未来を創る。



本日も、4月6日にテイクアウト専門店を

OPENされるお客様とスタート地点までの

ロードマップ作り。

私自身は

めちゃくちゃ楽しくて

色んなお話をさせていただきました。


私の役割としては

当然ローマップ作りと

補助金やクラウドファンディング等の

資金調達と

SNSを使ったマーケティング。


コンサルティング全般って

ところでしょうか??


どんな感じで仕掛けていくのか??

どのように魅せていくのか??

そういったお話をさせていただきました。


10日から

1日20食限定の

無料試食品の配布を5日間行います。


当然、目的があり

するわけですが

これもワクワクするわけですよ。

ビリヤニっていいます。

ビリヤニって

インド亜大陸のムスリムにその起源を持つ混ぜご飯料理で

スパイスと米、肉、魚、卵や野菜などから作る米料理です





  創業の特権はワクワク

#62Khaba 

が店名で

#ビリヤニ

をテイクアウトする専門店です。


ワクワクすることは

創業時の特権。


ワクワクしない

創業者って

私からしたらあり得ません。



このワクワク感があるからこそ

色んなアイデアが湧いてきますし

新たな発想も出てきます。



このワクワクとともに

大事なのは

行動です。



その行動も

大量行動です。


動いて

動いて

動いて

いるからこそ



本当に必要なモノも

見えてきますし、

逆にムダなことも見えてきます。



そうやって

必要なことを

研ぎ澄ませていく。



弊社のクライアントとして

全力で応援させていただきますし





ここに関わらせていただけることに

感謝しております。


必ず成功できるように

伴走していきますし

導いていけるように

私も努力していきます。







それでは、また明日


今日の気づきワクワクが未来を創る。







お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.06

Qを意識すると感謝の量が増えていく

 566/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

  企業方程式は、考えるベースにある。




先日から

お客様と今後について

色んなお話させていただいて




今後どうしていくのか??
どんな事業展開をしていくのか??




そんなお話をさせていだくのですが

その中で、必ず数字の話をするわけですが


この企業方程式

この方程式は

事業展開を話しする上で

必ず出しますし


この数字の中に出てくる

『Q』→販売数量

決算書には全然出てこない『Q』

もちろん事業を拡大させていく上でも

大切ですし



この『Q』について

深く考えてみました。

  Qは感謝の量でもある。

『Q』

MGで販売数量です。



この『Q』を拡大させていくこと

めっちゃ大切ですよね。



つまり、お客様を増やしていくや

自社のモノをたくさん販売する。



自社で決めた

『Q』をどんどん増やしていくことで

売上も利益をも拡大していきます。



それで、

この『Q』について考えてみたら

この『Q』って



感謝の量ではないかと

思っています。




この『Q』が増えていくということは

お客様から支持されているから

商品やサービスの提供を受けることが

できるわけです。



その『Q』がふえていくことは

支持していただいた

お客様への感謝を意識することが

できます。



お客様との話をしていて

改めて、このことを

感じました。



Qの数一つ一つが

お客様への感謝の量。




そう考えると

毎年のQの数だけで

感謝をしっかりと伝えなければ

なりませんネ。

このQが上がっていくことは

本当に有難いコト。



このQUPは

顧客の創造であって

UPさせていくにも

順番があります。



①赤チップ(広告宣伝)

➁青チップ(研究開発)

➂在庫バランス

④行数(日数)

⑤気合




この順番がとても重要なんですよネ。

①赤チップ(広告宣伝)

>しっかりと自社の宣伝を行って

 認知度を高めて


➁青チップ(研究開発)

>いい商品やサービスを提供する

 努力を行い


➂在庫バランス

>ちゃんと売れる時に

 売れる商品を整えておく


④行数(日数)

>1年は365日。

 一日一日を大切にして


⑤気合

>誰にも負けない気力を出していく。


こんな感じでしょうか



『Q』を意識して

事業を行えば

感謝の量がどんどん増えていく

ーーーーーーーーーーー

今日の気づき

☆Qは感謝の量

ーーーーーーーーーーーー






お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.03.05

モノの価格は利益影響してきます。その影響の度合いを知っていますか??

 565/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話




  価格上昇が止まりませんネ。




なんだかきな臭い感じがしてきましたネ。

いつまでこんな状況が続いていくんだろうか??

それぞれの国に

言い分があるだろうけど

力で何かを変えようとするのは

間違っている気がします。


小麦だけでなくて

それ以外にも、これからモノの値段が

どんどん上がっていくんでしょうね


このまえ、高速道路のサービスエリアでの

ガソリンスタンドの価格が

レギュラー180円超えてたのはビックリした・・・

(イメージ図)



仕入れ値が上がると

販売価格を上げざるを得ないですネ。

それだけ仕入れ値も

価格に敏感です。



仕入れ値だけでなくて

経費や販売数量

価格の上下が利益に対して

どれだけ影響しているのか??



それを分析することを

利益感度分析っていいます。


その利益感度には

4つあって

経費の感度(F感度)
仕入れの感度(V感度)

販売数量の感度(Q感度)

販売価格の感度(P感度)

になります。




それぞれがどれだけ上がったり

下がった時に利益(G)に対してどれだけ

影響あるのか???



一つ一つ見ていきたいと思います。



  利益感度知ってますか??

F

V

Q

P

のそれぞれの価格が上がったり

下がったりすると利益(G)に対して

どう影響するのか??

それを分析するのを

利益感度分析っていいます。

その利益感度は

何度もいいますが、4つあります。

利益感度とは

Gが0になる状態のことを言います。


稼いだ利益と経費とのバランスで

MGでは、

MQ>Fであれば黒字

MQ<Fであれば赤字


となります。



それぞれの要素

価格(P)

原価(V)

経費(F)

数量(Q)が

どういう状態になっていくか??

それを、ストラックの図でみると

一目瞭然です。



まずは、F(経費)

Fがどんな状態になれば

Gが0になるのか???





もともと80だったのが100になってしまうと

Gが0になります。



つまり、25%上昇アップアップアップアップすることで

利益がなくなってしまうわけですよね。

次に、Vですが

Vは20円がいくらになったら

Gが0になるか??

20円が22円になることで

Gが0になります。

つまり、10%上昇アップアップアップアップすると

利益がなくなってしまうわけですよね。

だから飲食店でも

原材料が上がったから

価格に転嫁しますって

いいますよね。

つづいて、Q(数量)ですが

10個販売できたものが

8個しか売れなかった時に

Gが0になっていまいます。


つまり20%ダウンダウンダウンダウンダウンしてしまうと

利益がなくなってしまうわけですよね。

最後にP(価格)ですが

もともと30円で販売していたものを

28円になってしまうとGが0になってしまいます。

つまり、7%ダウンダウンダウンダウンダウンすると利益がなくなってしまう。

たったの7%ですよ・・・

それだけ、価格は利益にめちゃくちゃ影響あるんですよね。

これらの利益感度を鈍い順に並べると

1 F(25%)

2 Q(20%)

3 V(10%)

4 P(7%)


となります。



価格は少し上げ下げするだけでも

利益にめちゃくちゃ影響あります。



それとは逆に

Fを上げ下げしても

利益に対する影響は

実は低いんです。


この詳しいことは

MG研修にご参加くださいネ



Fをかけることを

嫌がるひとり社長もいますが

実は、F掛けるべきなんです。


売れない時に

Pを下げがちですが

この値下げが

利益を失うことだってあります。

ちょっとした

値下げであってもネ。

自社の利益感度分析を

しっかりとすることで

どこに注意したらいいのか

どこに気を付けるべきなのか

ハッキリすることで

戦略・戦術を立てることが可能となります。



言えることは

F(経費)をかけなければ

事業発展はありえません。


それと、価格は利益に敏感です。

下げるのではなくて

少しでも上げてみると

かなり利益に影響があります。




ひとり社長も現状を

ストラックに当てはめてみて

シミュレーションすることを

おススメします。





どういった行動が

会社にとっていいのか??




その答えがでると思います。





それでは、また明日


今日の気づき利益感度は4つある。







お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.02.24

努力なんて報われない。ただその先にあるものは・・・

 586/730

今日も読んでいただきありがとうございます。


私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話



努力なんて報われない

努力は報われない。

報われないことって一杯あります。

全てが報われているようなら

努力した全ての人とが成功しちゃうし


むしろ、報われないことの方が

多いんじゃないかな???

だからって

努力しないというのはおかしなロジック



そもそも

何もしなければ、何も変わらない。

努力を積み重ね

それでも、結果が出なかったとしても

行動量を増やすことで

未来への大きな変化につながっていきます。


これは、経営でも同じことが

言えますよ。

行動の量が変化をもたらす。

ひとり社長も

経営をする上で

色んな努力をされていると思います。



でも、その努力って

全て報われてきたでしょうか??



当然、報われた部分もあったでしょうし

上手く行った!!

今でいう、バズった!!でしょうか。


そんなこともあったと思います。




ですが、その報われた部分というのは

どれだけの行動をして

得られたんでしょうか??


ラッキーパンチみたいなのは

ありますから、数回で

上手く行ったというのもあるでしょう



ですが、色んなことを

やって、やってやってみて

やっと報われるというものだと思います。



私も、独立当初

コレやってみたら??って

言われることはやってみました。


手書きの新聞を作って

ポスティングしたら

上手く行ったっていう話を聞いたら



それをマネして

こんなのを作ってました。

これを

自宅のプリンターで

印刷して、ひたすらポスティング


仕事もそれほどなくて

ヒマだったし

何かやらないとって思って

こんなの作ってました。




これを

何カ月か作って

ポスティングしていた時に

事件が・・・





一緒に配ってもらって人が

新築建物の玄関先が

コンクリート塗りたてにもかかわらず

入ってしまって・・・

(入れないようにロープが張られてていたようですが・・・)





足跡をしっかり残してくれたおかげで

クレームの電話。

問い合わせのTELだと思ったのに

がっかりです。



言い訳することなく

謝らせてもらって

なんとか、修理をしてもらうことで

解決しました。





そこから、新聞づくりも

ポスティングもやっていません。(笑)笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

他にも

色んなことしましたが

振りかえってみると

上手く行ってないですネ・・・(汗・・・)滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗



でも、色々と行動してみて

初めて分かったこともあるし

コレはムダだなぁ~って

感じることもありました。



ですが、これも

やってみたから

分かったことであって




頭だけで

分かっているようでは

進歩がなかったと思います。




努力をよりよい成果に結ぶ付けるには

報われないこともあるかもしれませんが

行動の量しかありません。




経営者は、とにかく

行動し続けていくしか

ありません。





これから、独立や創業を考えている方も

多いでしょう。

待っていては何も変化はおきません。

とにかく、行動の量を積み重ねていってください。




それでは、また明日。











今日の気づき
ここに文字を入れます 改行はShift+Enter

お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.02.22

売上をいますぐ捨てよ!!

 584/730



今日も読んでいただきありがとうございます。

私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


数字のどこをみるか??

本当に必要で正しい数字だろうか??

この重症者が全国でたったの9人増えたことだけなのに

1500人という数字だけを取り出して

今年最多!!って

こんなのでいいんだろうか??

この情報を世間は求めていることだろうか??




もし、正しく伝えるのなら

この9人が何歳で

重症者となるまでの間は

どんな状態であったのか??


そのくらい詳しい情報を

伝えるべきで

ただ、数字を更新した!!

みたいな情報は観ている人に

間違ったメッセージを送ってしまいます。


というか2年前から間違ったメッセージを

送りまくっていますが・・・・



これは、会社経営でも同じことで

本来見るべき数字が違うと

間違ったメッセージになってしまうし

会社が違う方法にさえ進んでいってしまう。

数字は武器にもなるし

毒にもなります。


MQ最大化

事業を進めていく上で

大切な数字はたくさんありますが

特に大切なのは、MQ(粗利総額)です。

PQ(売上)ではありません。



それはなぜか??

昨日のブログでも書きましたが

PQ(売上)目標にしていると

間違った行動を

従業員がしてしまいます




売上を上げることは

とても分かりやすい行動であり

結果をだすと

上司からも周囲からも

賞賛されることでしょう。



でも、売上を目標にすることは

絶対的に間違っていますし

会社を間違った方向へと

導きかねません。



会社の目標数字は

MQ(粗利総額)目標へと

早く切り替えていくべきです。




MQ=F(経費)+G(利益)です。
このMQ最大化を目指していくのが

会社運営で最も大切なことです。


会社の形を図表で表すと

こうなります。

PQ=VQ+F+G



Pは販売価格

Vは原価

Mは粗利

Qは販売数量

PQは売上

VQは原材料費

MQは粗利総額

Fは経費

Gは利益

となります。

何度も言いますが

大切なのは

PQではなくてMQ



このMQ最大化をするのが

経営にとって一番大切となります。



会社の黒字は

MQ>F

経営を行う上で

掛かった経費よりも

粗利総額が多ければ

黒字です。

それとは逆に

赤字は

MQ<F

粗利総額よりも

経費が多い状態です。

MQはM×Q

↑の図表によると

P1,000円のモノを

V400円で仕入れるので

1個販売するとM600円儲かります。

それが何個Q売れたのか?

ということです。



M600円をQ10個売れたので

MQ6000円。

10個販売するために

掛けた経費Fが5000円

だとするとG1000円の利益。



売上PQばかりみていると

経営判断を間違ってしまいます。

それはなぜか?



10個販売するために

掛った経費FとMQとの差によって

黒字、赤字となります。

ということは

1個当たり販売することで

儲かるMがどのくらいになるのか??っていうのが

大切となりますネ。




同じ売上PQでも

MQが違えば

例えPQが低くたって

MQが高ければ

黒字になることもあるし

PQが高くても

MQが低ければ

赤字にもなります。

とても単純なことですが

実はとても大切な部分ですよ。





それでは、また明日。

※「企業方程式」は、

これを考案開発された西順一郎先生の会社、株式会社西研究所の登録商標です。

P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。

今日の気づき
MQ最大化こそ、経営者のもっともやるべきこと





お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

2022.02.21

社内で数字で語るってどういうこと??

 583/730


今日も読んでいただきありがとうございます。



私の強みである

『行動力』

『自由な発想力』

そして

『質問力』

現状から逃げ出したいけど、逃げられずどうして良いか分からない人に手を差し伸べ

経済的にも精神的にも“自由”を手に入れることができる人達を創り

関わる人の無限の可能性を信じ、徹底的に伴走していく

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話


いつまで同じ数字を使うのか??

北京オリンピック観てましたか??

私は、ほとんど観ずに

ネットニュースで流れた時に

YouTubeでハイライトを観てました。

今回の北京オリンピックを開催するのかしないのか?

そもそも、しない方がいいんじゃないか??


そんな風に言われていましたが

それは、置いておいて



いつまで【視聴率】という数字を使っているのか??

その方が気になります。

日本人の生活様式が大きく変わって

いって、テレビをリアルタイムで観るのではなくて

録画だったり

アプリだったり

携帯だったり

色んな方法で

観ているんだと思います。



そのことを認識しながらも

今までと同じコトをしていては

事業の発展には繋がっていかないし

成長を期待することも難しいでしょう。



これは、事業でも同じコトで

発展には日々変化をしていくことが

必要です。


その変化するために欠かせないモノが

数字になります。


数字をどうとらえて

どう利用するのか??





それによって

事業発展につながっていくんだと

私は思っています。




数字で語る。

昨日のMG研修でも

講義の中でお話させてもらったのですが



使う数字によって

会社の方法性が変わってきます。


皆様の会社では

毎月の目標を売上目標で出してますか?

それとも粗利目標ですか??



たったこれだけですが

結果大きく違ってきます。

例えば

自社で新しい商品(X)を販売しようとしたとします。


商品名 X

P(販売価格)  50万円

V(原価)     30万円

M(粗利)     20万円

このような商品だったとします。


経営者であるあなたは

営業マンA君に次のように伝えました。




今月の売上目標が500万円なので

頑張って売ってくるように・・・




当期の売上目標 

500万円!!


なかなかのハードルの高さ!!

定価(50万円)で買ってもらうのは、キビしいんじゃないか???

2割引き(40万円)は当たり前だろう!!!

ってA君は思い、

40万円で販売をしたとします。



その結果、こうなりました。


皆さんが、この会社の社長として

この結果を喜びますか???

それとも、危機感を感じますか???

いいじゃん!!売上も目標よりも高いアップアップアップアップ

販売台数も30%UPアップアップアップアップ

A君はなかなか優秀な営業だし

臨時の賞与を出しちゃおうかと思っていませんか??




これ、このブログでも

何度も登場している

ストラック表に当てはめてみると

めちゃくちゃよく分かります。



当初の目標をストラック表に当てはめると

こうなります。



経費Fが120万円だったとして

G(利益)が80万円となります。


それでは、同じ状況で

40万円に値引きした場合にはどうなるか??

こうなります。



値下げするので、

当然、1個当たりの利益が減少します。

すると、1個当たりの利益が減少する分

最終的なG(利益)も減少してしまいます。


当初の目標通りに

販売していれば80万円儲かったのに

たった10%値下げしたことによって

利益が70万円もダウンダウンダウンダウンダウンしてしまいました。





コレって、中小企業の会社で

営業マンも一生懸命売ろうと思って

やった結果、ふたを開けてみると実はこうだった

というのは、よくあることです。


じゃ~

どうしたら良かったのか??




最初から目標を粗利目標にして

営業させるべきだったのです。

MG(粗利総額)目標 

200万円を達成するようにと

伝えるべきでした。

そして、値引きをした場合に

一個当たりのMがどうなるのか??

それを営業マンに伝えて

共有しておくべきです。

今回でしたら、10%割引~30%割引でそれぞれこうなります。

さらに、それぞれ値引きをした場合に

必要なQ(販売数量)がいくつなのか??

それも伝えて、共有しておくべきですネ。

値引きをすることが

悪いことではありません。



値引きをした結果

どうなるのか??

分かっているのと

分かっていないのでは



行動がきっとちがってきます。

会社にとってPQ(売上)を最大化させることが

目標ではなくて、

MQ(粗利)最大化させることが目標です。



そのことを分かっていなくて

いつまでも売上を追っかけている

中小企業の経営者は、めちゃくちゃいます。


そして、数字で語るというのは

このくらいはしてきましょう。


未来の意思決定をするには

絶対的に必要です。




それでは、また明日。

今日の気づき
会社で数字で語るのは未来のこと




お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。