Blog

2022.01.09

事業に迷ったときこそ、事業計画書を作って不安を減らしていこう

 539/730


今日も読んでいただきありがとうございます。



できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、こんなお話

重要なMTGでした。



今日は、お客様の事業計画策定のMTG

この先どんな風に進んでいくのか?

そして、補助金申請するにしても

事業計画はいりますので、

時間を掛けて作っていきました。



落書きのようですが

3年分のPQ目標、G目標を

決めています。



やっぱり目標は必要だし
目標がなければ、目指す方向の
羅針盤がないのと同じこと。


事業計画書や目標がなければ
どこに行ったらいいのか??
迷ってしまいますネ。




ひとり社長のみなさんは
事業計画書を作成していますか??


迷ったときこそ、事業計画書だ!!

オ〇クロン株やらなんちゃら株というのが

またまた流行りつつあり、

何もしなければ、翻弄される1年になってしまいますネすね。



まだまだ

収束には程遠い感じですが



ただ、我々は

立ち止まっていられません。



事業を前に進めて

いかなくて

ならないです。



そのためにも

ひとり社長の

理念を再確認してみるは

どうでしょうか?



一度作ったら

変更しないというのは

違っていると思います。


事業を続けていく中で

色々と想いは変化して

くるはず。



そうすると

一度作った

経営理念も大きくは

変わらないかもしれないけど

変化していくはず。。





ちなみに

私が自分の事業を

考えたときに

自分の想いとして


常にクライアントの

伴走者たれ!!




関わらせていただいた

クライアントの事業が

発展していただくこと

これにつきます。



そのためには

クライアントの伴走者として

できることを

考えさせてもらっています。




理念にあることで

自分の方向性が

ハッキリしますし

やるべきことが

明確になります。



ぜひ、2022年が始まったこの時期に

1年の始まりに
考えてみても

いいかもしれませんね


それと同時に

事業計画、経営計画も

作成してみてはどうでしょうか?


法人であれば

決算期の関係もあるので


1月に今年の事業計画を

立てるのはズレてしまうことが

あるかもしれませんが


もし、事業計画を

立てていないのではあれば

是非、立ててみてください。


これだけ

変化の激しい時だからこそ

自社の進むべき方向性を

文章なり、


特に数字で

表すことで、明確になります。


数字は厳しい面も

ありますが

正直です。


目標をPQ(売上)を1億円と

決めて、事業計画書に

落とし込んで

事業活動をしていくのと


ひとり社長の頭の中だけで

PQ(売上)1億円を考えて

事業活動していくのでは

途中の計画の見直しも

できませんし

振り返ることもできません

ので、結果がきっと

違うはずです。




私も実験として

年間売上を稼ぐために

右手に理念

左手に経営計画書



それでは、また明日



タイトルはここ
事業に迷ったときこそ、事業計画書を作って不安を減らしていこう





お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

トラックバック

トラックバックURL:

お問い合わせ

Tel.0596-72-8089

営業時間 09:00 - 18:00 定休日:土日祝日