Blog

2021.11.17

弱みを強みにしようとしていませんか??

 486/730

今日も読んでいただきありがとうございます。

できる後継者に

過去、自分が父親から逃げる為に独立という道を選び、経営者として生き残るために身につけた『自由な発想力』『行動力』であなたの大切な後継者を

【できる後継者】へと導きます。

ひとり社長の未来を照らす伴走者西川徹です。

西川徹の自己紹介はこちらから

※ひとり社長とは、

事業の重要な意思決定をひとりで行ってる経営者のこと。(私の定義です)

今日は、そんなお話







話を聞くことで大きなヒントをいただけます。

今日は、お世話になっている

経営者の方とランチに行ってきました。



既に後継者に事業のほとんどを

引き継いでもらっていて

最後の区切りをどこでするかって

考えている段階の方。

50年以上前に

一代で会社を興し

大きくしてきました。

そして、事業を次の世代へ

承継するんですが

後継者は

身内ではなくて

従業員の中から

次の社長を選び

事業を引き継いでもらうそうです



大きな決断をされています。

弱みは強みに決してならない。



色んなお話をさせていただきましたが

従業員であったり、会社であったり

その弱みを強みには変えることができないって

いうお話でした。




私も同感で

弱みをどんなに強みに変えようと思っても

強みにはなりません。


弱みはあくまでも

弱みであって

それを伸ばそうとしても

平均化しようとするだけで

ほとんど意味がありません。



それよりも

強みを伸ばしていく

その強みを伸ばしていく方が

唯一無二の存在へと

なる可能性があります。



日本の教育が

平均化をしようして

弱点を克服しようと

します。




そのことが

強みを伸ばすことよりも

弱みを克服しようと

一生懸命、時間とお金を使おうとします。



ですが、

実は強みからしか

新しい事業も生まれないし

今のような混とんとした世の中でも

能力を発揮することができません。



そんなお話を聞かせてもらって

改めて、強みを圧倒的に

伸ばしていこうと

決意しました。



他にもいろんなお話を

させていただいて

とても勉強させていただきました。




人生経験が深い方との

お話は自分のない部分を

埋めてくれる。

私の中にはないヒントを

たくさんいただいております。




それでは、また明日。

今日のまとめ

社長の会社の

行きつけの定食屋に

行きました。


たくさんの人が来られていた

定食屋でした。
定食屋としての強みを

最大限いかしているんだろう

感じました。



お友達登録お待ちしております。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウン

読者の方からはたくさんの気づきや元気をもらえると大好評!!

無料メルマガ登録募集中
日常の小さな気づきをあなたにお届けしています。
ぜひ、メルマガ登録よろしくお願いします。

経営と会計の基礎知識を同時に学べる研修となります。

トラックバック

トラックバックURL:

お問い合わせ

Tel.0596-72-8089

営業時間 09:00 - 18:00 定休日:土日祝日